日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snapshot コピー

寄稿者

従来、 ONTAP のレプリケーションテクノロジは、ディザスタリカバリ( DR )とデータアーカイブのニーズに対応してきました。その後、クラウドサービスが登場し、ネットアップデータファブリック内のエンドポイント間のデータ転送に ONTAP レプリケーションが採用されるようになりました。これらすべての用途において、 ONTAP の Snapshot テクノロジが基盤となります。

Snapshot コピー _ は、ボリュームの読み取り専用のポイントインタイムイメージです。イメージには Snapshot コピーが最後に作成されたあとに発生したファイルへの変更だけが記録されるため、ストレージスペースは最小限しか消費せず、パフォーマンスのオーバーヘッドもわずかです。

Snapshot コピーの効率性は、 ONTAP の中核的なストレージ仮想化テクノロジである ITS Write Anywhere File Layout ( WAFL )によって実現します。 _ WAFL は、データベースと同様に、メタデータを使用してディスク上の実際のデータブロックを参照します。ただし、データベースとは異なり、 WAFL は既存のブロックを上書きしません。更新されたデータは新しいブロックに書き込まれ、メタデータが変更されます。

ONTAP では、 Snapshot コピーの作成時にデータブロックをコピーするのではなくメタデータを参照するため、非常に効率的です。これにより ' 他のシステムがコピーするブロックを特定する際に発生するシーク時間がなくなり ' コピー自体を作成するコストもなくなります

Snapshot コピーを使用して、個々のファイルまたは LUN をリカバリしたり、ボリュームの内容全体をリストアしたりできます。ONTAP は、 Snapshot コピーのポインタ情報をディスク上のデータと比較することで、ダウンタイムや多大なパフォーマンスコストなしで損失オブジェクトや破損オブジェクトを再構築します。

Snapshot ポリシー _ は、ボリュームの Snapshot コピーの作成方法を定義します。このポリシーは、 Snapshot コピーを作成するタイミング、保持するコピーの数、 Snapshot コピーの命名方法、および Snapshot コピーにレプリケーション用のラベルを付ける方法を指定します。たとえば、毎日午前 12 時 10 分に Snapshot コピーを 1 つ作成し、最新のコピーを 2 つ保持して、「毎日」(タイムスタンプ付き)という名前を付け、レプリケーション用に「毎日」というラベルを付けることができます。

Snapshot コピー