日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapMirror Synchronous 関係のモードを変換します

寄稿者 netapp-thomi

ONTAP 9.5 以降では、 SnapMirror Synchronous 関係がサポートされます。SnapMirror Synchronous 関係のモードは StrictSync と Sync の間で相互に変換できます。

SnapMirror Synchronous 関係のポリシーを変更してモードを変換することはできません。

手順
  1. デスティネーションクラスタから、既存の SnapMirror Synchronous 関係を休止します。

    「 snapmirror quiesce -destination-path dest_SVM : dest_volume

    cluster2::> snapmirror quiesce -destination-path vs1_dr:vol1
  2. デスティネーションクラスタから、既存の SnapMirror Synchronous 関係を削除します。

    「 snapmirror delete -destination-path dest_SVM : dest_volume

    cluster2::> snapmirror delete -destination-path vs1_dr:vol1
  3. ソースクラスタから、共通の Snapshot コピーは削除せずに SnapMirror 関係を解放します。

    「 snapmirror release-relationship-info -only true -destination-path dest_svm : dest_volume

    cluster1::> snapmirror release -relationship-info-only true -destination-path vs1_dr:vol1
  4. デスティネーションクラスタから、変換後のモードを指定して SnapMirror Synchronous 関係を作成します。

    「 snapmirror create -source-path vs1 」に移動します。 vol1 -destination-path dest_SVM : dest_volume -policy Sync | StrictSync ’

    cluster2::> snapmirror create -source-path vs1:vol1 -destination-path vs1_dr:vol1 -policy Sync
  5. デスティネーションクラスタから、 SnapMirror 関係を再同期します。

    「 snapmirror resync -destination-path dest_SVM : dest_volume

    cluster2::> snapmirror resync -destination-path vs1_dr:vol1