日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームのレプリケーション関係を SVM のレプリケーション関係に変換します

寄稿者 netapp-ahibbard

ソース上の各ボリューム(ルートボリュームを除く)がレプリケートされている場合は、ボリューム間のレプリケーション関係を、そのボリュームを所有する Storage Virtual Machine ( SVM )間のレプリケーション関係に変換できます。 また、ソースの各ボリューム(ルートボリュームを含む)の名前は、デスティネーションのボリュームと同じになります。

SnapMirror 関係がアイドル状態のときに volume rename コマンドを使用すると、必要に応じてデスティネーション・ボリュームの名前を変更できます。

手順
  1. デスティネーション SVM またはデスティネーションクラスタから次のコマンドを実行して、ソースとデスティネーションのボリュームを再同期します。

    「 snapmirror resync -source-path _ SVM : volume_destination-path_SVM : volume_type DP | xdmp-schedule policy_policy_policy_policy`

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    注記

    再同期の際にベースライン転送は不要ですが、再同期には時間がかかる場合があります。再同期はオフピークの時間帯に実行することを推奨します。

    次の例では 'vm1 のソースボリューム volA' と 'vm_backup' のデスティネーションボリューム volA' の関係を再同期します

    cluster_dst::> snapmirror resync -source-path svm1:volA -destination-path svm_backup:volA
  2. の説明に従って、ソースとデスティネーションの SVM 間に SVM レプリケーション関係を作成します "SVM 設定のレプリケート"

    レプリケーション関係を作成するときは 'snapmirror create コマンドの -identity-preserve true オプションを使用する必要があります

  3. デスティネーション SVM を停止します。

    「 vserver stop -vserver _svm _ 」のように指定します

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    次の例は、デスティネーション SVM の vm-backup を停止します。

    cluster_dst::> vserver stop svm_backup
  4. デスティネーション SVM またはデスティネーションクラスタから次のコマンドを実行して、ソースとデスティネーションの SVM を再同期します。

    「 snapmirror resync -source-path svm:-destination-path 」: -type DP | xdmp-schedule policy_policy_policy_policy` 」を指定します

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    注記

    「 -source-path 」オプションと「 -destination-path 」オプションでは、 SVM 名のあとにコロン( : )を入力する必要があります。以下の例を参照してください。

    再同期の際にベースライン転送は不要ですが、再同期には時間がかかる場合があります。再同期はオフピークの時間帯に実行することを推奨します。

    次の例は、ソース SVM 「 vm1 」とデスティネーション SVM 「 vm_backup 」の間の関係を再同期します。

    cluster_dst::> snapmirror resync -source-path svm1: -destination-path svm_backup: