日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームレプリケーション関係を削除します

寄稿者

ボリュームレプリケーション関係を削除するには、「 snapmirror delete 」コマンドと「 Snapmirror release 」コマンドを使用します。続いて、不要なデスティネーションボリュームを手動で削除できます。

「 snapmirror release 」コマンドを使用すると、 SnapMirror で作成された Snapshot コピーがソースからすべて削除されます。-relationship-info-only オプションを使用すると、 Snapshot コピーを保持できます。

手順
  1. レプリケーション関係を休止します。

    「 snapmirror quiesce -destination-path SVM : volume_|| 」: //SVM/volume_`

    cluster_dst::> snapmirror quiesce -destination-path svm_backup:volA_dst
  2. レプリケーション関係を削除します。

    「 snapmirror delete -source-path SVM : volume_|cluster : // svm / volume、 ……」 -destination-path SVM : volume_cluster_,…​`

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    注記

    このコマンドはデスティネーションクラスタまたはデスティネーション SVM から実行する必要があります。

    次の例は 'vm1 のソースボリューム volA' と 'vm_backup' のデスティネーションボリューム volA_dst の間の関係を削除します

    cluster_dst::> snapmirror delete -source-path svm1:volA -destination-path svm_backup:volA_dst
  3. ソース SVM からレプリケーション関係情報をリリースします。

    「 snapmirror release -source-path SVM : volume_|| クラスタ: // SVM/volume_、 ……」 -destination-path SVM : volume_cluster_,…​`

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    注記

    このコマンドはソースクラスタまたはソース SVM から実行する必要があります。

    次の例は、ソース SVM 「 vm1 」から指定されたレプリケーション関係の情報をリリースします。

    cluster_src::> snapmirror release -source-path svm1:volA -destination-path svm_backup:volA_dst