日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

DPO システムの機能拡張

寄稿者 netapp-thomi

ONTAP 9.6 以降では、 DP_Optimized ( DPO )ライセンスをインストールすると、サポートされる FlexVol の最大数が増加します。ONTAP 9.4 以降では、 DPO ライセンスのあるシステムで SnapMirror バックオフ、ボリューム間のバックグラウンド重複排除、ボリューム間のインライン重複排除、ドナーとしての Snapshot ブロックの使用、およびコンパクションがサポートされます。

ONTAP 9.6 以降では、セカンダリシステムまたはデータ保護システムでサポートされる FlexVol の最大数が増加し、 FlexVol ボリュームをノードあたり最大 2 、 500 個まで、フェイルオーバーモードでは最大 5 、 000 個まで拡張できるようになりました。FlexVol ボリュームの増加は、 DP_Optimized ( DPO )ライセンスで有効になります。この場合も、ソースとデスティネーションの両方のノードに SnapMirror ライセンスが必要です。

ONTAP 9.4 以降では、 DPO システムの次の機能が強化されています。

  • SnapMirror バックオフ: DPO システムでは、レプリケーショントラフィックにクライアントのワークロードと同じ優先度が与えられます。

    DPO システムでは、 SnapMirror バックオフはデフォルトでは無効になります。

  • ボリュームのバックグラウンド重複排除とボリューム間のバックグラウンド重複排除: DPO システムでは、ボリュームのバックグラウンド重複排除とボリューム間のバックグラウンド重複排除が有効になります。

    「 storage aggregate efficiency cross-volume -dedupe start -aggregate aggregate-name _ scan-old-data true 」コマンドを実行すると、既存データを重複排除できます。パフォーマンスへの影響を少なくするために、このコマンドはピーク時を避けて実行することを推奨します。

  • Snapshot ブロックをドナーとして使用して削減効果を向上:アクティブなファイルシステムでは使用できないが Snapshot コピーに含まれるデータブロックをボリューム重複排除のドナーとして使用します。

    Snapshot コピーに含まれるデータと照合して新しいデータを重複排除することができるため、結果として Snapshot ブロックが共有されることになります。ドナースペースが多いほど削減効果が高まり、特にボリュームに多数の Snapshot コピーがある場合に効果的です。

  • コンパクション: DPO システムでは、データコンパクションはデフォルトで有効になります。