日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Manage local Snapshot copies の概要

寄稿者

Snapshot コピー _ は、ボリュームの読み取り専用のポイントインタイムイメージです。イメージには Snapshot コピーが最後に作成されたあとに発生したファイルへの変更だけが記録されるため、ストレージスペースは最小限しか消費せず、パフォーマンスのオーバーヘッドもわずかです。

Snapshot コピーを使用すると、ボリュームの内容全体をリストアしたり、個々のファイルや LUN をリカバリしたりできます。スナップショット・コピーは ' ボリューム上の .snapshot ディレクトリに格納されます

ONTAP 9.3 以前では、ボリュームに格納できる Snapshot コピーは最大 255 個です。ONTAP 9.4 以降では、 FlexVol ボリュームに格納できる Snapshot コピーは最大 1023 個です。

注記

ONTAP 9.8 以降、 FlexGroup ボリュームに 1023 個を含めることができます。詳細については、「 Snapshot コピーを使用した FlexGroup ボリュームの保護」を参照してください。