日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snapshot コピーから単一のファイルをリストアします

寄稿者

volume snapshot restore-file コマンドを使用すると、 Snapshot コピーから単一のファイルまたは LUN をリストアできます。既存のファイルを置き換えない場合は、読み書き可能な親ボリュームの別の場所にファイルをリストアできます。

既存の LUN をリストアする場合は、 LUN クローンが作成され、 Snapshot コピーの形でバックアップされます。リストア処理中に、 LUN に対して読み書きを実行できます。

デフォルトでは、ストリームを含むファイルがリストアされます。

手順
  1. ボリューム内の Snapshot コピーの一覧を表示します。

    volume snapshot show -vserver svm-volume_`

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    次に、「 vol1 」内の Snapshot コピーの例を示します。

    clus1::> volume snapshot show -vserver vs1 -volume vol1
    
    Vserver Volume Snapshot                State    Size  Total% Used%
    ------- ------ ---------- ----------- ------   -----  ------ -----
    vs1	 vol1   hourly.2013-01-25_0005  valid   224KB     0%    0%
                   daily.2013-01-25_0010   valid   92KB      0%    0%
                   hourly.2013-01-25_0105  valid   228KB     0%    0%
                   hourly.2013-01-25_0205  valid   236KB     0%    0%
                   hourly.2013-01-25_0305  valid   244KB     0%    0%
                   hourly.2013-01-25_0405  valid   244KB     0%    0%
                   hourly.2013-01-25_0505  valid   244KB     0%    0%
    
    7 entries were displayed.
  2. Snapshot コピーからファイルをリストアします。

    'volume snapshot restore-file -vserver_svm_-volume_-snapshot_snapshot_path_file_path -restore-path_destination_path _`

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    次の例では '`m yfile.txt` ファイルをリストアします

    cluster1::> volume snapshot restore-file -vserver vs0 -volume vol1 -snapshot daily.2013-01-25_0010 -path /myfile.txt