日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

レプリケーション関係を再同期

寄稿者

デスティネーションボリュームを書き込み可能にしたあと、ソースボリュームとデスティネーションボリュームに共通の Snapshot コピーが存在しないために更新が失敗したあと、または関係のレプリケーションポリシーを変更した場合には、レプリケーション関係の再同期が必要です。

再同期の際にベースライン転送は不要ですが、再同期には時間がかかる場合があります。再同期はオフピークの時間帯に実行することを推奨します。

ステップ
  1. ソースボリュームとデスティネーションボリュームを再同期します。

    「 snapmirror resync -source-path_SVM : volume_|| 」: // SVM /volume_,…​ -destination-path SVM : volume_|cluster : // SVM/volume,…​ -type DP | xdp -schedule -policy'

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    注記

    このコマンドはデスティネーション SVM またはデスティネーションクラスタから実行する必要があります。

    次の例は 'vm1 のソースボリューム volA' と 'vm_backup' のデスティネーションボリューム volA_dst の間の関係を再同期します

    cluster_dst::> snapmirror resync -source-path svm1:volA -destination-path svm_backup:volA_dst