日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

非同期 SnapMirror ディザスタリカバリの基本

寄稿者

SnapMirror は、地理的に離れたサイトのプライマリストレージからセカンダリストレージへのフェイルオーバー用に設計されたディザスタリカバリテクノロジです。名前が示すように、 SnapMirror はセカンダリストレージに作業データのレプリカ( _mirror )を作成します。このデータから、プライマリサイトで災害が発生した場合にもデータの提供を継続できます。

プライマリサイトから引き続きデータを提供できる場合は、必要なデータをプライマリサイトに戻すことができます。ミラーからクライアントを提供することはありません。フェイルオーバーの事例で示すように、ミラーリングされたストレージからデータを効率的に提供するには、セカンダリシステム上のコントローラがプライマリシステム上のコントローラと同じであるか、ほぼ同じである必要があります。

データ保護関係

データのミラーリングはボリュームレベルで行われます。プライマリストレージのソースボリュームとセカンダリストレージのデスティネーションボリュームの関係は、 _data 保護関係と呼ばれます。 _ ボリュームが存在するクラスタと、ボリュームからデータを提供する SVM は _peered になります。 _a ピア関係を設定することで、クラスタと SVM の交換が可能になります データをセキュアに保護

次の図は、 SnapMirror データ保護関係を示しています。

SnapMirror - DP ページ

データ保護関係の範囲

ボリューム間またはボリュームを所有する SVM 間で直接データ保護関係を作成できます。SVM のデータ保護関係では、 SVM のすべてまたは一部の設定が NFS エクスポートおよび SMB 共有から RBAC にレプリケートされます。また、 SVM が所有するボリューム内のデータもレプリケートされます。

SnapMirror は、次に示す 2 つの特殊なデータ保護アプリケーションにも使用できます。

  • SVM ルートボリュームの負荷共有ミラーコピーを作成すると、ノードに障害やフェイルオーバーが発生したときに引き続きデータにアクセスできます。

  • SnapLock ボリューム間のデータ保護関係: WORM ファイルをセカンダリストレージにレプリケートできます。

SnapMirror データ保護関係を初期化する方法

SnapMirror を初めて起動すると、ソース・ボリュームからデスティネーション・ボリュームへの _ ベースライン転送 _ が実行されます。関係の _SnapMirror ポリシー _ は、ベースラインおよび更新の内容を定義します。

デフォルトの SnapMirror ポリシー「 MirrorAllSnapshots 」に基づくベースライン転送では、次の手順を実行します。

  • ソースボリュームの Snapshot コピーを作成します。

  • Snapshot コピーおよびコピーが参照するすべてのデータブロックをデスティネーションボリュームに転送します。

  • 「アクティブ」ミラーが破損した場合に備えて、ソースボリューム上の最新ではない残りの Snapshot コピーをデスティネーションボリュームに転送します。

SnapMirror データ保護関係を更新する方法

更新は、設定したスケジュールに従って非同期に行われます。保持処理によって、ソース上の Snapshot ポリシーがミラーリングされます。

「 MirrorAllSnapshots 」ポリシーに基づく各更新では、 SnapMirror がソースボリュームの Snapshot コピーを作成し、その Snapshot コピーと前回の更新後に作成されたすべての Snapshot コピーを転送します。「 MirrorAllSnapshots 」ポリシーに対する「 snapmirror-policy show 」コマンドの出力を次に示します。次の点に注意してください。

  • Create Snapshot は「 true 」です。これは、 SnapMirror が関係を更新するときに「 M irrorAllSnapshots 」によって Snapshot コピーが作成されることを示します。

  • 「 mirrorAllSnapshots 」には「 ``s_created" 」と「 all_source_snapshots 」というルールがあります。これは、 SnapMirror が関係を更新するときに、 SnapMirror で作成された Snapshot コピーと前回の更新後に作成された Snapshot コピーの両方が転送されることを示します。

cluster_dst::> snapmirror policy show -policy MirrorAllSnapshots -instance

                     Vserver: vs0
      SnapMirror Policy Name: MirrorAllSnapshots
      SnapMirror Policy Type: async-mirror
                Policy Owner: cluster-admin
                 Tries Limit: 8
           Transfer Priority: normal
   Ignore accesstime Enabled: false
     Transfer Restartability: always
 Network Compression Enabled: false
             Create Snapshot: true
                     Comment: Asynchronous SnapMirror policy for mirroring all snapshots
                              and the latest active file system.
       Total Number of Rules: 2
                  Total Keep: 2
                       Rules: SnapMirror Label     Keep  Preserve Warn Schedule Prefix
                              ----------------     ----  -------- ---- -------- ------
                              sm_created              1  false       0 -        -
                              all_source_snapshots    1  false       0 -        -

MirrorLatest ポリシー

事前設定された「最新」ポリシーは、「 MirrorAllSnapshots 」とまったく同じように機能します。ただし、初期化および更新の際に転送されるのは、 SnapMirror で作成された Snapshot コピーのみです。

                       Rules: SnapMirror Label     Keep  Preserve Warn Schedule Prefix
                              ----------------     ----  -------- ---- -------- ------
                              sm_created              1  false       0 -        -