日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapMirror レプリケーションのワークフロー

寄稿者

SnapMirror には、 SnapMirror DR 、アーカイブ(旧 SnapVault )、ユニファイドレプリケーションの 3 種類のデータ保護関係があります。各タイプの関係は、同じ基本的なワークフローに従って設定できます。

ONTAP 9.9..1 で一般的な可用性が導入され、 SnapMirror のビジネス継続性( SM-BC )により、ゼロリカバリ時間目標(ゼロ RTO )または透過的なアプリケーションフェイルオーバー( TAF )が実現し、 SAN 環境でビジネスクリティカルなアプリケーションの自動フェイルオーバーが可能になりました。SM-BC は、 2 つの AFF クラスタまたは 2 つの All SAN Array ( ASA )クラスタの構成でサポートされます。

SnapMirror データ保護関係のタイプごとに、ワークフローは同じです。デスティネーションボリュームの作成、ジョブスケジュールの作成、ポリシーの指定、関係の作成と初期化を行います。

ONTAP 9.3 以降では、「管理者保護」コマンドを使用して、データ保護関係をワンステップで設定できます。「ミラー保護」を使用する場合でも、ワークフローの各手順を理解する必要があります。

データ保護のワークフロー