日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

RAID グループのサイズをカスタマイズする

寄稿者 netapp-thomi

アグリゲートに含めるストレージの容量に応じて RAID グループのサイズを変更できます。

標準のアグリゲートの場合、 RAID グループのサイズはアグリゲート単位で変更します。Flash Pool アグリゲートの場合は、 SSD RAID グループと HDD RAID グループのサイズを別々に変更できます。

RAID グループのサイズ変更に関する注意事項を次に示します。

  • デフォルトでは、最後に作成された RAID グループのディスクまたはアレイ LUN の数が新しい RAID グループのサイズよりも少ない場合、新しいサイズになるまで、最後に作成された RAID グループにディスクまたはアレイ LUN が追加されます。

  • アグリゲート内の他のすべての既存 RAID グループのサイズは、明示的にディスクを追加しないかぎり変更されません。

  • RAID グループの原因サイズを、アグリゲートの現在の RAID グループの最大サイズよりも大きくすることはできません。

  • すでに作成されている RAID グループのサイズを縮小することはできません。

  • 環境の新しいサイズ。アグリゲート内のすべての RAID グループ( Flash Pool アグリゲートの場合は、該当するタイプの RAID グループ - SSD または HDD )。

手順
  1. 該当するコマンドを使用します。

    状況

    入力するコマンド

    Flash Pool アグリゲートの SSD RAID グループの最大サイズを変更します

    「 storage aggregate modify -aggregate aggr_name -cache-raid-group-size 」と入力します

    その他の RAID グループの最大サイズを変更します

    「 storage aggregate modify -aggregate aggr_name -maxraidsize 」のように表示されます

アグリゲート n1_A4 の最大 RAID グループサイズを 20 本のディスクまたはアレイ LUN に変更するコマンドの例を次に示します。

「 storage aggregate modify -aggregate n1_A4 -maxraidsize 20 」を参照してください

Flash Pool アグリゲート n1_cache_a2 の SSD キャッシュ RAID グループの最大サイズを 24 に変更するコマンドの例を次に示します。

「 storage aggregate modify -aggregate n1_cache_a2 -cache-raid-group-size 24 」を参照してください