日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アグリゲート内のボリュームのスペース使用量を確認および制御する方法

寄稿者 netapp-thomi

アグリゲートのスペースを最も使用している FlexVol ボリューム、および具体的にボリュームのどの機能が最も使用しているかを確認することができます。volume show-footprint コマンドは ' ボリュームの占有面積 ' または包含アグリゲート内でのそのスペース使用量に関する情報を提供します

volume show-footprint コマンドは ' オフライン・ボリュームを含め ' アグリゲート内の各ボリュームのスペース使用量に関する詳細を表示しますこのコマンドは 'volume show-space コマンドと 'aggregate show-space コマンドの出力間のギャップをブリッジします割合の値はいずれもアグリゲートサイズの割合で計算されます。

testvol という名前のボリュームに対する volume show-footprint コマンドの出力例を次に示します。

cluster1::> volume show-footprint testvol

      Vserver : thevs
      Volume  : testvol

      Feature                                   Used    Used%
      --------------------------------    ----------    -----
      Volume Data Footprint                  120.6MB       4%
      Volume Guarantee                        1.88GB      71%
      Flexible Volume Metadata               11.38MB       0%
      Delayed Frees                           1.36MB       0%
      Total Footprint                         2.01GB      76%

次の表に 'volume show-footprint コマンドの出力の主な行と ' その機能によるスペース使用量を減らす方法を示します

行 / 機能名

説明 / 行の内容

削減方法もあります

Volume Data Footprint (ボリュームデータフットプリント)

アクティブファイルシステム内のボリュームのデータに使用されている包含アグリゲート内のスペースと、ボリュームの Snapshot コピーに使用されているスペースの合計。この行の値にはリザーブスペースは含まれません。

  • ボリュームからデータを削除します。

  • ボリュームから Snapshot コピーを削除します。

「ボリューム保証」

ボリュームによって以降の書き込み用にリザーブされているアグリゲート内のスペース。リザーブされるスペースの量はボリュームのギャランティタイプによって異なります。

ボリュームのギャランティタイプを「 none 」に変更します。

「フレキシブルボリュームメタデータ」

ボリュームのメタデータファイルに使用されているアグリゲート内のスペースの総容量。

直接制御する方法はありません。

「解放された」

パフォーマンス目的で ONTAP が使用していた、すぐには解放できないブロック。SnapMirror デスティネーションの場合、この行の値は「 0 」で、表示されません。

直接制御する方法はありません。

「ファイル操作メタデータ」

ファイル処理メタデータ用にリザーブされているスペースの総容量。

直接制御する方法はありません。

「 Total Footprint 」

ボリュームで使用されているアグリゲート内のスペースの合計。すべての行の合計です。

いずれかの方法でボリュームによるスペース使用量を削減します。