日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP ソースから Element デスティネーションへの関係を作成します

寄稿者 netapp-thomi

ONTAP 9.4 以降では、 SnapMirror を使用して、 ONTAP ソースで作成した LUN の Snapshot コピーを Element デスティネーションにレプリケートできます。LUN を使用して ONTAP から Element ソフトウェアにデータを移行することができます。

作業を開始する前に
  • Element デスティネーションノードから ONTAP にアクセスできるようにしておく必要があります。

  • Element ボリュームの SnapMirror レプリケーションを有効にしておく必要があります。

Element のデスティネーションパスは 'hostip:____LUN/_name' の形式で指定する必要がありますここで 'lun` は実際の文字列 "LUN"' であり 'name' は Element ボリュームの名前です

レプリケーションルールは次のとおりです。

  • レプリケーション関係には「 async 」タイプのポリシーが必要です。

    デフォルトまたはカスタムのポリシーを使用できます。

  • iSCSI LUN のみがサポートされます。

  • ONTAP ボリュームから Element ボリュームに複数の LUN をレプリケートすることはできません。

  • ONTAP ボリュームから複数の Element ボリュームに LUN をレプリケートすることはできません。

ステップ
  1. ONTAP ソースから Element デスティネーションへのレプリケーション関係を作成します。

    「 napmirror create -source-path _ SVM : volume_|| 」: //SVM/volume_destination-path path ip://LUN//lun_name -type XDP -schedule - policy_policy_policy_policy`

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    次の例は、デフォルトの「 MirrorAllSnapshots 」ポリシーを使用して、 SnapMirror DR 関係を作成します。

    cluster_dst::> snapmirror create -source-path svm_1:volA_dst -destination-path 10.0.0.11:/lun/0005 -type XDP -schedule my_daily -policy MirrorLatest

    次に、カスタムの「 m_mirror 」ポリシーを使用して、 SnapMirror DR 関係を作成する例を示します。

    cluster_dst::> snapmirror create -source-path svm_1:volA_dst -destination-path 10.0.0.11:/lun/0005 -type XDP -schedule my_daily -policy my_mirror

「 snapmirror show 」コマンドを使用して、 SnapMirror 関係が作成されたことを確認します。コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。