日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster 構成で FabricPool のオブジェクトストアを設定する

寄稿者

ONTAP 9.7 以降を実行している場合、 MetroCluster 構成にミラーリングされた FabricPool をセットアップして、 2 つの異なる障害ゾーンにあるオブジェクトストアにコールドデータを階層化できます。

必要なもの
  • MetroCluster 構成がセットアップされ、適切に設定されている。

  • 2 つのオブジェクトストアが適切な MetroCluster サイトにセットアップされている。

  • 各オブジェクトストアにコンテナが設定されている。

  • 2 つの MetroCluster 構成に IP スペースが作成または識別され、それらの名前が一致している。

このタスクについて
  • MetroCluster の FabricPool では、基盤となるミラーアグリゲートと関連するオブジェクトストア設定が同じ MetroCluster 構成に所属している必要があります。

  • リモートの MetroCluster サイトで作成されたオブジェクトストアにアグリゲートを接続することはできません。

  • アグリゲートが所属する MetroCluster 構成にオブジェクトストアを設定する必要があります。

ステップ
  1. 「 storage object-store config create 」コマンドを使用して、各 MetroCluster サイトのオブジェクトストア設定情報を指定します。

    この例では、 MetroCluster 構成の一方のクラスタにのみ FabricPool が必要です。オブジェクトストアバケットごとに 1 つずつ、計 2 つのオブジェクトストア設定をそのクラスタに作成します。

    storage aggregate
        object-store config create -object-store-name mcc1-ostore-config-s1 -provider-type SGWS -server
        <SGWS-server-1> -container-name <SGWS-bucket-1> -access-key <key> -secret-password <password> -encrypt
        <true|false> -provider <provider-type> -is-ssl-enabled <true|false> ipspace
        <IPSpace>
    storage aggregate object-store config create -object-store-name mcc1-ostore-config-s2
        -provider-type SGWS -server <SGWS-server-2> -container-name <SGWS-bucket-2> -access-key <key> -secret-password <password> -encrypt <true|false> -provider <provider-type>
        -is-ssl-enabled <true|false> ipspace <IPSpace>

    この例では、 MetroCluster 構成のもう一方のクラスタに FabricPool をセットアップします。

    storage aggregate
        object-store config create -object-store-name mcc2-ostore-config-s1 -provider-type SGWS -server
        <SGWS-server-1> -container-name <SGWS-bucket-3> -access-key <key> -secret-password <password> -encrypt
        <true|false> -provider <provider-type> -is-ssl-enabled <true|false> ipspace
        <IPSpace>
    storage aggregate
        object-store config create -object-store-name mcc2-ostore-config-s2 -provider-type SGWS -server
        <SGWS-server-2> -container-name <SGWS-bucket-4> -access-key <key> -secret-password <password> -encrypt
        <true|false> -provider <provider-type> -is-ssl-enabled <true|false> ipspace
        <IPSpace>