日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アクティビティトラッキングを有効にします

ONTAP 9.10.1以降のファイルシステム分析には、ホットオブジェクトを識別してCSVファイルとしてダウンロードできるアクティビティトラッキング機能が搭載されています。ONTAP 9.11.1以降では、アクティビティトラッキングがSVMスコープに拡張されています。また、ONTAP 9.11.1以降、System Managerではアクティビティ追跡のタイムラインが表示され、最大5分間のアクティビティ追跡データを確認できます。

アクティビティ追跡では、次の 4 つのカテゴリでモニタリングが可能です。

  • ディレクトリ

  • ファイル

  • クライアント

  • ユーザ

監視対象のカテゴリごとに、読み取り IOPS 、書き込み IOPS 、読み取りスループット、書き込みスループットが表示されます。アクティビティトラッキングに関するクエリーは、過去 5 秒間にシステムに表示されたホットスポットに関連する 10 ~ 15 秒ごとに更新されます。

アクティビティ追跡情報は概算値であり、データの正確性は受信 I/O トラフィックの分散に依存します。

System Managerでボリュームレベルでアクティビティ追跡を表示している場合は、展開されたボリュームのメニューだけがアクティブに更新されます。ボリュームのビューが縮小されている場合、ボリュームの表示が展開されるまで表示は更新されません。更新を停止するには、 * 更新を一時停止 * ボタンを使用します。アクティビティデータは CSV 形式でダウンロードでき、選択したボリュームについて収集されたすべてのポイントインタイムデータが表示されます。

タイムライン機能を使用できるONTAP 9.11.1以降では、ボリュームまたはSVM上のホットスポットアクティビティの記録を保持し、約5秒ごとに継続的に更新し、過去5分間のデータを保持できます。タイムラインデータは、ページの表示領域にあるフィールドに対してのみ保持されます。追跡カテゴリを折りたたむかスクロールしてタイムラインが表示されないようにすると、タイムラインはデータの収集を停止します。デフォルトでは、タイムラインは無効になっており、[アクティビティ]タブから移動すると自動的に無効になります

ボリュームのアクティビティ追跡を有効にします

ONTAP REST API または System Manager で RBAC を使用する場合は、アクティビティ追跡へのアクセスを管理するためのカスタムロールを作成する必要があります。を参照してください ファイルシステム分析に関する考慮事項 をクリックしてください。

の手順

アクティビティ追跡は、 ONTAP システムマネージャ、 ONTAP CLI 、または ONTAP REST API を使用して有効にできます。

System Manager の略
  1. Storage > Volumes (ストレージ)を選択します。目的のボリュームを選択します。個々のボリュームメニューから、ファイルシステムを選択し、アクティビティタブを選択します。

  2. 上位のディレクトリ、ファイル、クライアント、およびユーザに関する個々のレポートを表示するには、 * Activity Tracking * をオンにします。

  3. 更新を行わずにデータをより詳細に分析するには、 * 更新を一時停止 * を選択します。データをダウンロードして、レポートの CSV レコードを取得することもできます。

CLI の使用
  1. アクティビティトラッキングを有効にする :+volume activity - tracking on -vsverver_svm_name_-volume_name_

  2. ボリュームのアクティビティ追跡状態がオンになっているかオフになっているかを確認するには、次のコマンドを使用します。 +`volume activity -tracking show -vsverver_svm_name_-volume_name_-state `

  3. 有効にしたら、 ONTAP システムマネージャまたは ONTAP REST API を使用してアクティビティ追跡データを表示します。

複数のボリュームのアクティビティ追跡を有効にします

System ManagerまたはONTAP REST APIを使用して、複数のボリュームのアクティビティ追跡を一度に有効にすることができます。

特定のボリューム用のコマンドです
  1. Storage > Volumes (ストレージ)を選択します。目的のボリュームを選択します。個々のボリュームメニューから、ファイルシステムを選択し、アクティビティタブを選択します。

  2. アクティビティトラッキングを有効にするボリュームを選択します。ボリューム・リストの上部で、[その他のオプション]ボタンを選択します。[アクティビティ追跡を有効にする]を選択します。

  3. SVMレベルでアクティビティの追跡を表示するには、**Storage> Volumes]から、表示するSVMを選択します。[ファイルシステム]タブに移動して[アクティビティ]を選択すると、アクティビティ追跡が有効になっているボリュームのデータが表示されます。

SVM内のすべてのボリューム
  1. [**ストレージ]>[ボリューム]を選択します。メニューからSVMを選択します。

  2. File Systemタブに移動し、More タブを選択して、SVM内のすべてのボリュームでアクティビティの追跡を有効にします。