日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexCache ボリュームを作成します

寄稿者 netapp-thomi netapp-lenida

同じクラスタに FlexCache ボリュームを作成すると、ホットオブジェクトにアクセスする際のパフォーマンスが向上します。データセンターが複数の場所にある場合は、リモートクラスタに FlexCache ボリュームを作成することでデータアクセスを高速化できます。

FlexCache ボリュームは、 FlexVol ボリュームではなく、 FlexGroup ボリュームです。

ONTAP 9.7 以降では、 FlexCache 関係の元のボリュームでも FlexGroup ボリュームがサポートされます。

手順
  1. 別のクラスタに作成する FlexCache ボリュームを作成する場合は、クラスタピア関係を作成します。

    1. デスティネーションクラスタで、データ保護のソースクラスタとのピア関係を作成します。 +`cluster peer create-passphrase -offer-expiration MM/DD/YYYY HH : MM : SS|1…​7days | 1…​168 hours -peer-addrs peer-peer-lif_ips-initial-allowed-vserver -peers svm_name 、 .|*-ipspace ips_name

      ONTAP 9.6 以降では、クラスタピア関係の作成時に TLS 暗号化がデフォルトで有効になります。TLS 暗号化は、元のボリュームと FlexCache ボリュームの間のクラスタ間通信でサポートされます。必要に応じて、クラスタピア関係の TLS 暗号化を無効にすることもできます。

    cluster02::> cluster peer create -generate-passphrase -offer-expiration 2days -initial-allowed-vserver-peers *
    
                         Passphrase: UCa+6lRVICXeL/gq1WrK7ShR
                    Expiration Time: 6/7/2017 08:16:10 EST
      Initial Allowed Vserver Peers: *
                Intercluster LIF IP: 192.140.112.101
                  Peer Cluster Name: Clus_7ShR (temporary generated)
    
    Warning: make a note of the passphrase - it cannot be displayed again.
    1. ソースクラスタで、ソースクラスタをデスティネーションクラスタに対して認証します。 +`cluster peer create -peer-addrs peer_lif_ips-ipspace ips'

      cluster01::> cluster peer create -peer-addrs 192.140.112.101,192.140.112.102
      
      Notice: Use a generated passphrase or choose a passphrase of 8 or more characters.
              To ensure the authenticity of the peering relationship, use a phrase or sequence of characters that would be hard to guess.
      
      Enter the passphrase:
      Confirm the passphrase:
      
      Clusters cluster02 and cluster01 are peered.
  2. FlexCache ボリュームが元のボリュームとは別の SVM にある場合は、「 FlexCache 」をアプリケーションとして使用して SVM ピア関係を作成します。

    1. SVM が別のクラスタにある場合は、ピアリングする SVM に対して SVM 権限を作成します。 +`vserver peer permission create -peer-cluster cluster_name -vserver svm_name -applications FlexCache ’

      次の例は、すべてのローカル SVM に適用される SVM ピア権限を作成する方法を示しています。

    cluster1::> vserver peer permission create -peer-cluster cluster2 -vserver "*" -applications flexcache
    
    Warning: This Vserver peer permission applies to all local Vservers. After that no explict
    "vserver peer accept" command required for Vserver peer relationship creation request
    from peer cluster "cluster2" with any of the local Vservers. Do you want to continue? {y|n}: y
    1. SVM ピア関係を作成します。 +`vserver peer create -vserver local_SVM-peer-vserver remote_SVM-peer cluster cluster_name -applications FlexCache ’

  3. FlexCache ボリュームを作成します。

    「 volume FlexCache create -vserver cache_svm -volume cache_vol_name -auto-provision -as FlexGroup -size vol_size -origin-vserver origin-volume origin-volume origin-vol_name 」を実行します

    次の例では、 FlexCache ボリュームを作成し、プロビジョニングする既存のアグリゲートを自動的に選択します。

    cluster1::> volume flexcache create -vserver vs_1 -volume fc1 -auto-provision-as flexgroup -origin-volume vol_1 -size 160MB -origin-vserver vs_1
    [Job 443] Job succeeded: Successful

    次の例では、 FlexCache ボリュームを作成し、ジャンクションパスを設定します。

    cluster1::> flexcache create -vserver vs34 -volume fc4 -aggr-list aggr34,aggr43 -origin-volume origin1 -size 400m -junction-path /fc4
    [Job 903] Job succeeded: Successful
  4. FlexCache ボリュームと元のボリュームの FlexCache 関係を確認します。

    1. クラスタ内の FlexCache 関係を表示します。 +volume FlexCache show

      cluster1::> volume flexcache show
      Vserver Volume      Size       Origin-Vserver Origin-Volume Origin-Cluster
      ------- ----------- ---------- -------------- ------------- --------------
      vs_1    fc1         160MB      vs_1           vol_1           cluster1
    2. 元のクラスタ内のすべての FlexCache 関係を表示します。 +`volume FlexCache origin show-Caches

      cluster::> volume flexcache origin show-caches
      Origin-Vserver Origin-Volume   Cache-Vserver    Cache-Volume   Cache-Cluster
      -------------- --------------- ---------------  -------------- ---------------
      vs0            ovol1           vs1              cfg1           clusA
      vs0            ovol1           vs2              cfg2           clusB
      vs_1           vol_1           vs_1             fc1            cluster1

結果

FlexCache ボリュームが作成されました。クライアントは、 FlexCache ボリュームのジャンクションパスを使用してボリュームをマウントできます。