日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexCache 関係を削除

寄稿者

不要 FlexCache になった FlexCache 関係と FlexCache ボリュームは削除できます。

手順
  1. FlexCache ボリュームが含まれるクラスタから、 FlexCache ボリュームをオフラインにします。

    'volume offline -vserver svm_name -volume volume_name

  2. FlexCache ボリュームを削除します。

    'volume FlexCache delete -vserver SVM_name -volume volume_name

    FlexCache 関係の詳細が元のボリュームと FlexCache ボリュームから削除されます。

    注記

    volume FlexCache delete コマンドが ' 元の側の構成をクリーンアップできなかった場合は 'volume FlexCache origin cleanup-cache-relationship コマンドを実行するように求められますこのシナリオでは、手順 3 に進みます。

  3. 元のクラスタで、元のボリュームから FlexCache 関係の詳細をクリーンアップします。

    「 volume FlexCache origin cleanup-cache-relationship-origin-volume origin-volume origin-vserver origin-svm -cache-vserver flexcache_svm -volume flexcache_vol. 」という形式のボリュームがあります

    注記

    volume FlexCache origin cleanup-cache-relationship コマンドを実行すると、 FlexCache 関係は削除され、再確立することはできません。

    cluster1::> volume flexcache origin cleanup-cache-relationship -origin-volume origin1 -origin-vserver vs34 -cache-vserver vs56 -cache-volume fc1
    
    Warning: This command only needs to be run if "volume flexcache delete" fails on
             the FlexCache cluster and prompts you to run this command. The cache
             configuration will be deleted and cannot be reestablished for the
             cache relationship between origin of a FlexCache volume
             "origin1" in Vserver "vs34" and FlexCache volume
             "fc1" in Vserver "vs56".
    Do you want to continue? {y|n}: y