日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexCache ボリュームを事前に取り込む

寄稿者

FlexCache ボリュームを事前に取り込むことで、キャッシュされたデータにアクセスするまでの時間を短縮できます。

必要なもの
  • advanced 権限レベルのクラスタ管理者である必要があります

  • 事前取り込みに渡すパスが有効である必要があります。有効でないと、事前入力処理は失敗します。

このタスクについて
  • ファイルのみを事前に読み込み、ディレクトリをクロールします

  • is-recursion フラグは、環境に渡されたディレクトリのリスト全体を事前に取り込む

手順
  1. FlexCache ボリュームを事前に取り込む:

    volume FlexCache ep_cache-vserver vserver_name -cache-volume-listpath_list path_list -is-recursion true | false

    この例には、事前取り込み用のディレクトリパスが 1 つ含まれています。

    cluster1::*> flexcache prepopulate start -cache-vserver vs2 -cache-volume fg_cachevol_1 -path-list /dir1
      (volume flexcache prepopulate start)
    [JobId 207]: FlexCache prepopulate job queued.

    この例には、事前取り込みのためのパスがいくつか含まれています。

    cluster1::*> flexcache prepopulate start -cache-vserver vs2 -cache-volume fg_cachevol_1 -path-list /dir1,/dir2,/dir3,/dir4
      (volume flexcache prepopulate start)
    [JobId 208]: FlexCache prepopulate job queued.
  2. 読み取られたファイル数を表示します。

    「 job show -id job_ID -ins 」を参照してください