日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

一般的な FlexCache 環境

寄稿者

FlexCache ボリュームは、一般に読み取りが大量に発生するワークロードに使用されます。同じクラスタ内に FlexCache ボリュームを配置することで ' 頻繁にアクセスされるデータまたはホット・オブジェクトのパフォーマンスを向上させることができますFlexCache ボリュームを配置して複数のクラスタ間にデータを分散させることで、 WAN のレイテンシを低減することもできます。

AFF 、 FAS 、または ONTAP Select システムに FlexCache を導入できます。ONTAP 9.6 以降では、 Cloud Volumes ONTAP でも FlexCache の導入がサポートされます。

ホットボリュームのパフォーマンス向上

LAN 環境では、 FlexCache ボリュームは元のクラスタと同じクラスタに配置されます。FlexCache ボリュームは、元のボリュームと同じ SVM にも別の SVM にも配置できます。

FlexCache ボリュームは、 CPU 負荷の高いワークロードを対象に、ビジー状態のファイルサーバから作業をオフロードしてシステムリソースを解放するために使用されます。複数の FlexCache に対応する複数のマウントポイントを使用すると、データアクセスの負荷がすべてのキャッシングシステム間で共有されるため、ネットワークレイテンシが低減されます。このような LAN 環境では、過負荷状態のストレージシステムのワークロードが軽減されます。

クラスタ間のデータ配信

WAN 環境では、 FlexCache ボリュームがデータセンターから離れた、元のボリュームとは別のクラスタに配置されます。クライアントからデータが要求されると、 FlexCache ボリュームは使用頻度の高いデータをキャッシュして、エンドユーザが迅速に情報にアクセスできるようにします。このような WAN 環境では、リモートクライアントの平均アクセス時間が短縮されます。

FlexCache ボリュームは、リモートオフィスにできるだけ近い場所に配置されます。クライアント要求は、明示的に FlexCache ボリュームに転送されます。キャッシュに有効なデータが存在する場合は、そのデータが直接クライアントに提供されます。キャッシュにデータがない場合は、元のシステムから WAN 経由でデータが取得されて FlexCache ボリュームにキャッシュされ、クライアントに提供されます。