日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexCache 関係の接続ステータスを確認します

寄稿者 netapp-thomi

ONTAP 9.6 以降では、 FlexCache 関係の接続ステータスを確認し、元のボリュームと FlexCache ボリュームの間の接続ステータスが切断モードになった場合に対処することができます。

FlexCache 関係の接続ステータスは次のいずれかになります。

  • 「 Connected 」になります

  • 「接続されていません」

  • 「不明」です

手順
  1. advanced 権限モードにログインします。

    「 advanced 」の権限が必要です

  2. クラスタ内のすべての FlexCache 関係の接続ステータスを確認します。

    volume FlexCache connection-status show

    cluster::*> volume flexcache connection-status show
    
    Node: cluster-01
    
    
                             Remote                           Remote         Connection
    
    +Vserver      Volume     Vserver      Remote Volume       Endpoint       Status
    
    +-------     ----------  --------     --------------      --------       --------------
    
    vs_1          vol_origin     vs_2     fc_11__0001         cache          connected
    
    vs_1          vol_origin     vs_2     fc_11__0002         cache          connected
    
    vs_1          vol_origin     vs_2     fc_11__0003         cache          connected
    
    vs_1          vol_origin     vs_2     fc_11__0004         cache          connected
    
    vs_2          fc_11          vs_1     vol_origin          origin         connected