日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexVol Volume SnapMirror 関係を FlexGroup Volume SnapMirror 関係に変換します

寄稿者

FlexVol Volume SnapMirror 関係を ONTAP で FlexGroup Volume SnapMirror 関係に変換するには、まずデスティネーション FlexVol ボリュームを変換し、そのあとにソース FlexVol ボリュームを変換する必要があります。

必要なもの
  • 変換する FlexVol がオンラインになっている必要があります。

  • SnapMirror 関係のソース FlexVol を複数の SnapMirror 関係のソースボリュームにすることはできません。

    ファンアウト SnapMirror 関係は、 FlexGroup ではサポートされません。

  • FlexVol ボリュームの処理と設定が変換プロセスに対応している必要があります。

    FlexVol ボリュームに互換性の問題があり、ボリュームの変換が中止された場合、エラーメッセージが生成されます。対処方法を実行し、変換を再試行できます。

FlexGroup 変換は、非同期 SnapMirror 関係でのみサポートされます。

手順
  1. SnapMirror 関係が正常であることを確認します。「 snapmirror show 」

    変換できるのは XDP タイプのミラー関係のみです。

    cluster2::> snapmirror show
                                                                           Progress
    Source            Destination Mirror  Relationship   Total             Last
    Path        Type  Path        State   Status         Progress  Healthy Updated
    ----------- ---- ------------ ------- -------------- --------- ------- --------
    vs0:src_dpv DP   vs2:dst_dpv  Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
    vs0:src_xdp XDP  vs2:dst_xdp  Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
  2. ソースボリュームが変換に対応しているかどうかを確認します。

    1. advanced 権限モードにログインします。「 set -privilege advanced

    2. 変換プロセスを確認します。 volume conversion start -vserver vs1 -volume src_vol-check-only true

      ボリュームを変換する前に、すべてのエラーを修正する必要があります。

  3. デスティネーション FlexVol ボリュームを FlexGroup ボリュームに変換します。

    1. FlexVol SnapMirror 関係を休止します。「 snapmirror quiesce -destination-path dest_SVM : dest_volume

      cluster2::> snapmirror quiesce -destination-path vs2:dst_xdp
    2. 変換を開始します。 volume conversion start -vserver dest_svm -volume dest_volume

      cluster-1::> volume conversion start -vserver vs2 -volume dst_xdp
      
      Warning: After the volume is converted to a FlexGroup, it will not be possible
      to change it back to a flexible volume.
      Do you want to continue? {y|n}: y
      
      [Job 510] Job succeeded: SnapMirror destination volume "dst_xdp" has been successfully converted to a FlexGroup volume.
      You must now convert the relationship's source volume, "vs0:src_xdp", to a FlexGroup.
      Then, re-establish the SnapMirror relationship using the "snapmirror resync" command.
  4. ソース FlexVol ボリュームを FlexGroup ボリュームに変換します。 volume conversion start -vserver src_svm_name -volume src_vol_name `

    cluster-1::> volume conversion start -vserver vs0 -volume src_xdp
    
    Warning: Converting flexible volume "src_xdp" in Vserver "vs0" to a FlexGroup
             will cause the state of all Snapshot copies from the volume to be set
             to "pre-conversion". Pre-conversion Snapshot copies cannot be
             restored.
    Do you want to continue? {y|n}: y
    [Job 57] Job succeeded: success
  5. 関係を再同期します。「 snapmirror resync -destination-path dest_svm_name : dest_volume

    cluster2::> snapmirror resync -destination-path vs2:dst_xdp

ソース FlexGroup ボリュームを拡張してコンスティチュエントを追加した場合は、デスティネーションボリュームも拡張する必要があります。