日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexGroup の SnapMirror カスケード関係とファンアウト関係の作成に関する考慮事項

寄稿者

FlexGroup の SnapMirror カスケード関係とファンアウト関係を作成する場合は、サポートに関する考慮事項と制限事項に注意する必要があります。

カスケード関係の作成に関する考慮事項

  • 各関係は、クラスタ間関係またはクラスタ内関係のどちらかになります。

  • 両方の関係で、 async-mirror 、 mirror-vault 、バックアップなどのすべての非同期ポリシータイプがサポートされます。

  • サポートされる非同期ミラーポリシーは「 MirrorAllSnapshots 」のみで、「 MirrorLatest 」はサポートされません。

  • カスケードされた XDP 関係の同時更新がサポートされます。

  • A から B へ、 B から C への再同期、または C から A への再同期をサポートします

  • また、すべてのノードで ONTAP 9.9.1 以降を実行している場合は、 A と B の FlexGroup ボリュームでもファンアウトがサポートされます。

  • B または C の FlexGroup ボリュームからのリストア処理がサポートされます。

  • デスティネーションがリストア関係のソースである間は、 FlexGroup 関係の転送はサポートされません。

  • FlexGroup リストアのデスティネーションを他の FlexGroup 関係のデスティネーションにすることはできません。

  • FlexGroup ファイルのリストア処理には、通常の FlexGroup リストア処理と同じ制限事項があります。

  • B および C の FlexGroup ボリュームが配置されているクラスタ内のすべてのノードで、 ONTAP 9.9 以降が実行されている必要があります。

  • すべての拡張機能と自動拡張機能がサポートされています。

  • A から B 、 C へのカスケード構成で、 A から B 、 B から C へのコンスティチュエント SnapMirror 関係の数が異なる場合、ソースから C への SnapMirror 関係の中止はサポートされません。

  • ONTAP 9.9..1 では、 System Manager でカスケード関係がサポートされません。

  • A から B への FlexVol 関係の C セットを FlexGroup 関係に変換する場合は、まず B を C ホップに変換する必要があります。

  • REST でサポートされるポリシータイプを使用する関係の FlexGroup カスケード構成は、カスケード FlexGroup 構成の REST API でもサポートされます。

  • FlexVol 関係と同様に、 FlexGroup カスケードは「 Snapmirror protect 」コマンドではサポートされません。

ファンアウト関係の作成に関する考慮事項

  • 2 つ以上の FlexGroup ファンアウト関係がサポートされます。たとえば、 A ~ B 、 A ~ C 、最大 8 つのファンアウトレッグがあります。

  • それぞれの関係は、クラスタ間でもクラスタ内でもかまいません。

  • この 2 つの関係については、同時更新がサポートされています。

  • すべての拡張機能と自動拡張機能がサポートされています。

  • 関係のファンアウト脚でコンスティチュエント SnapMirror 関係の数が異なる場合は、 A から B 、および A から C の関係に対してソースから中止処理を実行することはできません。

  • ソースとデスティネーションの FlexGroup が配置されているクラスタ内のすべてのノードで ONTAP 9.9 以降が実行されている必要があります。

  • 現在 FlexGroup SnapMirror でサポートされているすべての非同期ポリシータイプが、ファンアウト関係でサポートされています。

  • B から C の FlexGroup へのリストア処理を実行できます。

  • FlexGroup ファンアウト構成で REST API でも、ポリシータイプのファンアウト構成をサポートしています。