日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexGroup ボリュームの一元化されたデータ保護関係を作成

寄稿者 netapp-thomi

ONTAP 9.3 以降では、 SnapMirror の一元化されたデータ保護関係を作成して設定することで、同じデスティネーションボリュームにディザスタリカバリとアーカイブを設定することができます。

FlexGroup ボリュームの一元化されたデータ保護関係の作成に関する考慮事項を確認しておく必要があります。

手順
  1. ソース FlexGroup ボリュームと同じ数のコンスティチュエントで構成される「 D 」タイプのデスティネーション FlexGroup ボリュームを作成します。

    1. ソースクラスタから、ソース FlexGroup ボリュームのコンスティチュエントの数を確認します。 volume show -volume volume_name * -is-constituent true

      cluster1::> volume show  -volume srcFG* -is-constituent true
      Vserver   Volume         Aggregate    State      Type       Size  Available  Used%
      --------- ------------   ------------ ---------- ---- ----------  ---------- -----
      vss       srcFG          -            online     RW         400TB   172.86GB  56%
      vss       srcFG__0001    Aggr_cmode   online     RW         25GB    10.86TB   56%
      vss       srcFG__0002    aggr1        online     RW         25TB    10.86TB   56%
      vss       srcFG__0003    Aggr_cmode   online     RW         25TB    10.72TB   57%
      vss       srcFG__0004    aggr1        online     RW         25TB    10.73TB   57%
      vss       srcFG__0005    Aggr_cmode   online     RW         25TB    10.67TB   57%
      vss       srcFG__0006    aggr1        online     RW         25TB    10.64TB   57%
      vss       srcFG__0007    Aggr_cmode   online     RW         25TB    10.63TB   57%
      ...
    2. デスティネーションクラスタから、「 D 」タイプのデスティネーション FlexGroup を、ソース FlexGroup ボリュームと同じ数のコンスティチュエントで作成します。

      cluster2::> volume create -vserver vsd -aggr-list aggr1,aggr2 -aggr-list-multiplier 8 -size 400TB -type DP dstFG
      
      Warning: The FlexGroup volume "dstFG" will be created with the following number of constituents of size 25TB: 16.
      Do you want to continue? {y|n}: y
      [Job 766] Job succeeded: Successful
    3. デスティネーションクラスタから、デスティネーション FlexGroup ボリュームのコンスティチュエントの数を確認します。 volume show -volume volume_name * -is-constituent true

      cluster2::> volume show  -volume dstFG* -is-constituent true
      Vserver   Volume       Aggregate    State      Type       Size  Available Used%
      --------- ------------ ------------ ---------- ---- ---------- ---------- -----
      vsd       dstFG          -            online     RW         400TB   172.86GB  56%
      vsd       dstFG__0001    Aggr_cmode   online     RW         25GB    10.86TB   56%
      vsd       dstFG__0002    aggr1        online     RW         25TB    10.86TB   56%
      vsd       dstFG__0003    Aggr_cmode   online     RW         25TB    10.72TB   57%
      vsd       dstFG__0004    aggr1        online     RW         25TB    10.73TB   57%
      vsd       dstFG__0005    Aggr_cmode   online     RW         25TB    10.67TB   57%
      vsd       dstFG__0006    aggr1        online     RW         25TB    10.64TB   57%
      vsd       dstFG__0007    Aggr_cmode   online     RW         25TB    10.63TB   57%
      ...
  2. ジョブスケジュールを作成します。 'job schedule cron create -name job_name -month -dayofweek day-of-week day-of-month-day day-of-month -hour hour-hour minute'

    「 -month 」、「 -dayofweek 」、「 -hour 」の各オプションに「 all 」を指定すると、毎月、毎日、および 1 時間ごとにジョブを実行できます。

    次の例は、土曜日の午前 3 時に実行する「 my_weekly 」というジョブスケジュールを作成します。

    cluster1::> job schedule cron create -name my_weekly -dayofweek "Saturday" -hour 3 -minute 0
  3. 「 mmirror vault 」タイプのカスタムポリシーを作成し、ミラーとバックアップポリシーのルールを定義します。

    1. 一元化されたデータ保護関係に「 m mirror vault 」タイプのカスタムポリシーを作成します。「 snapmirror policy create -vserver SVM_name -policy policy_name -type mirror vault 」

    2. 初期化と更新の処理中に転送する Snapshot コピーを決定する、ミラーとバックアップポリシーのルールを定義します。「 snapmirror policy add-rule -vserver SVM_name -policy policy_on_rule -snapmirror-label snapmirror-label -keep retention_count -schedule

    カスタムポリシーを指定しない場合、「 M irrorMasyortso 」ポリシーは統合データ保護関係に使用されます。

  4. 一元化されたデータ保護関係を作成します。「 snapmirror create -source-path src_SVM : src_flexgroup -destination-path dest_SVM : dest_flexgroup -type XDP -schedule schedule_name -policy MirrorAndVault

    ONTAP 9.4 以前では、「 snapmirror create 」コマンドでポリシーを指定しなかった場合、デフォルトで「 MirrorAllSnapshots 」ポリシーが使用されます。ONTAP 9.5 では、「 snapmirror create 」コマンドでポリシーが指定されていない場合、デフォルトで「 M irroresstons 」ポリシーが使用されます。

    cluster2::> snapmirror create -source-path vss:srcFG -destination-path vsd:dstFG -type XDP -schedule Daily -policy MirrorAndVault
  5. デスティネーションクラスタから、ベースライン転送を実行して一元化されたデータ保護関係を初期化します。「 snapmirror initialize -destination-path dest_SVM : dest_flexgroup

    cluster2::> snapmirror initialize -destination-path vsd:dstFG
    Operation is queued: snapmirror initialize of destination "vsd:dstFG".