日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ディレクトリを迅速に削除するためのクライアント権限を管理します

ONTAP 9.11.1以降、ストレージ管理者はボリュームに対する権限を付与して、NFSクライアントとSMBクライアントが自身で低レイテンシの高速ディレクトリ削除操作を実行できるようにすることができます。クラスタで非同期削除を有効にすると、Linuxクライアントユーザは「mv」コマンドを使用して、Windowsクライアントユーザは「rename」コマンドを使用して、デフォルトで.ontaptrashbinという非表示のディレクトリにディレクトリを移動することにより、指定されたボリューム上でディレクトリを迅速に削除できます。

クライアントの非同期ディレクトリ削除を有効にします

手順
  1. クラスタCLIから、advanced権限モードに入ります。「-privilege advanced」と入力します

  2. クライアントの非同期削除を有効にし、必要に応じてtrashbinディレクトリに別の名前を指定します。

    volume file async -delete client enable volume_volname_vserverName_trashbinname_name_`

    デフォルトのごみ箱名を使用する例:

    cluster1::*> volume file async-delete client enable -volume v1 -vserver  vs0
    
    Info: Async directory delete from the client has been enabled on volume "v1" in
          Vserver "vs0".

    代替ごみ箱名の指定例:

    cluster1::*> volume file async-delete client enable -volume test -trashbin ntaptrash -vserver vs1
    
    Success: Async directory delete from the client is enabled on volume "v1" in
          Vserver "vs0".
  3. クライアントの非同期削除が有効であることを確認します。

    volume file async -delete client show

    cluster1::*> volume file async-delete client show
    
    Vserver Volume      async-delete client TrashBinName
    ------------ ------------ ----------------------- -------------
    vs1          vol1         Enabled          .ntaptrash
    vs2          vol2         Disabled          -
    
    2 entries were displayed.

クライアントの非同期ディレクトリの削除を無効にします

手順
  1. クラスタCLIで、クライアントの非同期ディレクトリ削除を無効にします。

    volume file async -delete client disable volume_volname_vserverName_`

    cluster1::*> volume file async-delete client disable -volume vol1 -vserver vs1
    
           Success: Asynchronous directory delete client disabled successfully on volume.
  2. クライアントの非同期削除が無効になっていることを確認する。

    volume file async -delete client show

    cluster1::*> volume file async-delete client show
    
    Vserver      Volume      async-delete client      TrashBinName
    ------------ ------------ ----------------------- -------------
    vs1          vol1         Disabled                -
    vs2          vol2         Disabled                -
    
    2 entries were displayed.