日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ディザスタリカバリ時に FlexGroup ボリューム間の SnapMirror 関係を反転する

寄稿者

災害によって SnapMirror 関係のソース FlexGroup が機能しなくなった場合、ソース FlexGroup ボリュームの修理や交換を行う間、デスティネーション FlexGroup ボリュームを使用してデータを提供できます。ソース FlexGroup ボリュームがオンラインになったら、元のソース FlexGroup ボリュームを読み取り専用のデスティネーションにして、 SnapMirror 関係を反転できます。

再同期が実行される前に、デスティネーションボリュームのアクティブなクォータルールは非アクティブ化され、削除されます。

volume quota policy rule create コマンドと volume quota modify コマンドを使用すると ' 再同期操作の完了後にクォータ・ルールを作成し ' 再びアクティブにすることができます

手順
  1. 元のデスティネーション FlexGroup ボリュームで、ソース FlexGroup ボリュームとデスティネーション FlexGroup ボリュームの間のデータ保護ミラー関係を削除します。「 snapmirror delete -destination-path svm_name : volume_name

    cluster2::> snapmirror delete -destination-path vsd:dst
  2. 元のソース FlexGroup ボリュームで、ソース FlexGroup ボリュームから関係の情報を削除します。「 snapmirror release -destination-path svm_name : volume_name -relationship-info-only 」

    SnapMirror 関係を削除したあと、再同期処理を実行する前に、ソース FlexGroup ボリュームから関係の情報を削除する必要があります。

    cluster1::> snapmirror release -destination-path vsd:dst -relationship-info-only true
  3. 新しいデスティネーション FlexGroup ボリュームで、ミラー関係を作成します。「 snapmirror create -source-path src_svm_name : volume_name -destination-path dst_svm_name : volume_name -type XDP -policy MirrorAllSnapshots

    cluster1::> snapmirror create -source-path vsd:dst -destination-path vss:src -type XDP -policy MirrorAllSnapshots
  4. 新しいデスティネーション FlexGroup ボリュームで、ソース FlexGroup を再同期します。「 snapmirror resync -source-path svm_name : volume_name

    cluster1::> snapmirror resync -source-path vsd:dst
  5. SnapMirror 転送を監視します。「 snapmirror show -expand

    cluster2::> snapmirror show -expand
                                                                           Progress
    Source            Destination Mirror  Relationship   Total             Last
    Path        Type  Path        State   Status         Progress  Healthy Updated
    ----------- ---- ------------ ------- -------------- --------- ------- --------
    vsd:dst       XDP  vss:src        Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
    vss:dst__0001 XDP  vss:src__0001  Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
    vsd:dst__0002 XDP  vss:src__0002  Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
    vsd:dst__0003 XDP  vss:src__0003  Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
    vsd:dst__0004 XDP  vss:src__0004  Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
    vsd:dst__0005 XDP  vss:src__0005  Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
    vsd:dst__0006 XDP  vss:src__0006  Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
    vsd:dst__0007 XDP  vss:src__0007  Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
    vsd:dst__0008 XDP  vss:src__0008  Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
    ...

    各コンスティチュエントの SnapMirror 関係のステータスには、再同期が成功したことを示す「 SnapManager がミラーリングされています」と表示されます。