日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

自動ギブバックコマンド

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

状況によっては、 ONTAP コマンドを使用して自動ギブバックの設定を管理しなければならないことがあります。

* * 使用するコマンド

自動ギブバックを有効にして、テイクオーバーされたノードのブート後、 Waiting for giveback 状態に達し、 Auto giveback 期間が終了するまでの待機時間が経過した時点でギブバックが実行されるようにします。

デフォルト設定は true です。

storage failover modify ‑ nodename_nodename _

‑ auto-giveback true

自動ギブバックを無効にするデフォルト設定は true です。

  • 注意: * このパラメータを false に設定しても、パニック時のテイクオーバー後の自動ギブバックは無効になりません。パニック時のテイクオーバー後の自動ギブバックは、「‑ auto-giveback-after-panic 」パラメータを false に設定して無効にする必要があります。

storage failover modify ‑ nodename_nodename _

‑ auto-giveback false

パニック時のテイクオーバーのあとに実行される自動ギブバックを無効にします(この設定はデフォルトで有効になります)。

storage failover modify ‑ nodename_nodename _

‑ auto-giveback‑ after-panic false (‑自動ギブバック‑パニック後)

自動ギブバックが開始されるまでの待機時間(秒)を設定します(デフォルトは 600 秒)。このオプションで指定した待機時間が経過するまでは、自動ギブバックは実行されません。

storage failover modify ‑ nodename_nodename _

‑ delay ‑ seconds_seconds_

storage failover modify コマンドの設定による自動ギブバックへの影響

自動ギブバックの処理は、 storage failover modify コマンドのパラメータの設定によって異なります。

次の表に、パニック時以外でテイクオーバーが発生した場合に適用される storage failover modify コマンドのパラメータを示します。

* パラメータ * * デフォルト設定 *

-auto-giveback true

_false

真 _

-delay-seconds_integer_ (秒)

600

-onreboot_true_

false

真 _

次の表に '-onreboot' パラメータと -auto-giveback' パラメータの組み合わせが ' パニックによるものではないテイクオーバー・イベントの自動ギブバックにどのように影響するかを示します

* storage failover modify のパラメータに * を使用します * テイクオーバーの原因 * * 自動ギブバックは実行されますか? *

-onreboot_true_

-auto-giveback true

reboot コマンド

はい。

halt コマンド、またはサービスプロセッサからの電源再投入

はい。

-onreboot_true_

-auto-giveback を実行します

reboot コマンド

いいえ

halt コマンド、またはサービスプロセッサからの電源再投入

いいえ

-onreboot_false_

-auto-giveback true

reboot コマンド

該当しない場合はテイクオーバーは実行されません

halt コマンド、またはサービスプロセッサからの電源再投入

はい。

-onreboot_false_

-auto-giveback を実行します

reboot コマンド

いいえ

注記 auto-giveback' パラメータはパニックおよびその他すべての自動テイクオーバー後のギブバックを制御します-onreboot' パラメータが true に設定されていて ' 再起動によってテイクオーバーが発生した場合 '-auto-giveback パラメータが true に設定されているかどうかに関係なく ' 常に自動ギブバックが実行されます

環境が再起動し ' ONTAP から発行された halt コマンドが '-onreboot' パラメータによって実行されます-onreboot' パラメータが false に設定されている場合 ' ノードがリブートされてもテイクオーバーは実行されませんしたがって ' 自動ギブバックは '-auto-giveback' パラメータが true に設定されているかどうかに関係なく実行できませんクライアントのアクセスが中断します。

パニック時に適用される自動ギブバックパラメータの組み合わせとその影響

次の表に、パニック時に適用される「 storage failover modify 」コマンドのパラメータを示します。

* パラメータ * * デフォルト設定 *

-onpanic _true

false_

真 _

-auto-giveback -auto-giveback-after-panic_true

false

(権限: advanced )

真 _

-auto-giveback true

false

次の表に、「 storage failover modify 」コマンドのパラメータの各組み合わせについて、パニック時の自動ギブバックの処理を示します。

注記 テイクオーバーは、ノードがパニック状態になった場合に他の理由で発生する可能性があります。たとえば、ノードでパニックが発生した場合にパートナーにパニックパケットが届かないと、パートナーでハートビート損失テイクオーバーが実行される可能性があります。この場合、 auto-giveback-after-panic パラメータで制御されることはなく、 -onfailure パラメータで制御されます。
storage failover のパラメータを指定します パニック発生後の自動ギブバックの実行

-onpanic 'true'-auto-giveback`true'-auto-giveback-after-panic 'true

はい。

-onpanic 'true'-auto-giveback`true'-auto-giveback-after-panic 'false

いいえ

-onpanic 'true'-auto-giveback`false’auto-giveback-after-panic 'true

はい。

-onpanic 'true'-auto-giveback’false' -auto-giveback-after-panic 'false

いいえ

-onpanic が「 false 」に設定されている場合、 -auto-giveback や -auto-giveback を実行しても、 -auto-giveback や -auto-giveback のパニック時の値には関係なく、テイクオーバーやギブバックは実行されません

いいえ

注記

デフォルトの設定を変更すると、パニック時のパラメータによって自動ギブバックが無効になる場合があります。上記の表を参照してください。* onpanic パラメータを「 true 」に設定した場合、 -auto-giveback パラメータと -auto-giveback パラメータのデフォルト設定を変更しないかぎり、パニックが発生したときは常に自動ギブバックが実行されます。これらのパラメータの両方をデフォルトの設定( true 、)から false に変更した場合、 -onpanic パラメータが「 true 」に設定されていても、自動ギブバックはパニック後には実行されません。* onpanic パラメータが false に設定されている場合は ' テイクオーバーは実行されず ' クライアントは ONTAP データ・サービスを中断しますそのため、 auto-giveback-after-panic パラメータが「 true 」に設定されていても自動ギブバックは実行されません。

注記
  • ノードのパニック時にその他の理由でテイクオーバーが発生する可能性があります。このような場合、自動ギブバックのパニック時の設定ではギブバックは制御されません。

  • onpanic パラメータを「 true 」に設定した場合、 -auto-giveback パラメータと -auto-giveback パラメータのデフォルト設定を変更しないかぎり、パニックが発生すると常に自動ギブバックが実行されます。これらのパラメータの両方をデフォルト (`true', ) から false に変更すると '-onpanic パラメータが「 true 」に設定されていても ' パニック後に自動ギブバックは実行されません

  • onpanic パラメータを false に設定した場合は、テイクオーバーが実行されません。そのため、 PANIC パラメータの設定が true になっていても、自動ギブバックは実行されません。クライアントのアクセスが中断します。