日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

HA ペアの監視用コマンドです

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ONTAP コマンドを使用して HA ペアのステータスを監視できます。テイクオーバーが発生した場合は、その原因を確認することもできます。

をオンにする場合は 使用するコマンド

フェイルオーバーの有効 / 無効と発生の有無、または現在フェイルオーバーを実行できない理由

「 storage failover show 」をクリックします

ストレージフェイルオーバーの HA モード設定が有効になっているノードを表示するストレージフェイルオーバー( HA ペア)構成に含めるには、値を HA に設定する必要があります。非 HA 値は ' スタンドアロン構成またはシングル・ノード・クラスタ構成でのみ使用されます

「 storage failover show -fields mode 」を選択します

ハードウェアアシストテイクオーバーが有効になっているかどうか

「 storage failover hwassist show 」を実行します

これまでに発生したハードウェアアシストテイクオーバーイベントの履歴です

「 storage failover hwassist stats show 」を入力します

パートナーのアグリゲートをテイクオーバーを実行中のノードに移動するまでのテイクオーバー処理の進捗

「 storage failover show ‑ takeover 」

アグリゲートをパートナーノードに戻すまでのギブバック処理の進捗

'storage failover show ‑ giveback

テイクオーバーまたはギブバックの処理中にアグリゲートがホームであるかどうか

「 aggregate show ‑ fields home-id 、 owner-id 、 home - name 、 owner-name 、 is-home

クラスタ HA が有効になっているかどうか( 2 ノードクラスタの場合のみ)

cluster ha show

HA ペアのコンポーネントの HA の状態( HA の状態を使用するシステム)

「 ha ‑ config show 」これはメンテナンスモードのコマンドです。

storage failover show-type コマンドで表示されるノードの状態

次に、「 storage failover show 」コマンドで表示されるノードの状態を示します。

ノードの状態 説明

partner_name に接続されています。自動テイクオーバーは無効になっています。

HA インターコネクトがアクティブでパートナーノードにデータを転送できます。パートナーの自動テイクオーバーは無効になっています。

partner_name で待機しているパートナーのスペアディスクのギブバックが保留中です。

ローカルノードとパートナーノードの間で、 HA インターコネクトを介して情報を交換できません。パートナーへの SFO アグリゲートのギブバックは完了しましたが、パートナーのスペアディスクがまだローカルノードで所有されています。

  • 詳細については、「 storage failover show-giveback 」コマンドを実行します。

partner_name を待機していますパートナーロックの同期を待っています。

ローカルノードとパートナーノードの間で、 HA インターコネクトを介して情報を交換できません。パートナーロックの同期が実行されるのを待っています。

partner_name を待機していますローカルノードでクラスタのアプリケーションがオンラインになるのを待っています。

ローカルノードとパートナーノードの間で、 HA インターコネクトを介して情報を交換できません。クラスタのアプリケーションがオンラインになるのを待っています。

テイクオーバーのスケジュール:テイクオーバーの準備として、ターゲットノードで SFO アグリゲートを再配置しています。

テイクオーバーの処理が開始されました。テイクオーバーの準備として、ターゲットノードで SFO アグリゲートの所有権を切り替えています。

テイクオーバーのスケジュール:テイクオーバーの準備として、ターゲットノードで SFO アグリゲートが再配置されました。

テイクオーバーの処理が開始されました。テイクオーバーの準備として、ターゲットノードで SFO アグリゲートの所有権を切り替えました。

テイクオーバーのスケジュール:ローカルノードでディスクファームウェアのバックグラウンド更新を無効にするのを待っています。ノードでファームウェアの更新を実行中です。

テイクオーバーの処理が開始されました。ローカルノードでのディスクファームウェアのバックグラウンド更新が完了するのを待っています。

テイクオーバーの準備としてテイクオーバーするノードへの SFO アグリゲートの再配置

テイクオーバーの準備として、ローカルノードでテイクオーバーするノードに SFO アグリゲートの所有権を切り替えています。

テイクオーバーするノードに SFO アグリゲートを再配置しました。テイクオーバーするノードを待っています。

ローカルノードからテイクオーバーするノードへの SFO アグリゲートの所有権の切り替えが完了しました。テイクオーバーするノードによるテイクオーバーを待っています。

SFO アグリゲートを partner_name に再配置していますローカルノードでディスクファームウェアのバックグラウンド更新を無効にするのを待っています。ノードでファームウェアの更新を実行中です。

ローカルノードからテイクオーバーするノードへの SFO アグリゲートの所有権の切り替えを実行中です。ローカルノードでのディスクファームウェアのバックグラウンド更新が完了するのを待っています。

SFO アグリゲートを partner_name に再配置していますpartner_name でディスクファームウェアのバックグラウンド更新を無効にするのを待っています。ノードでファームウェアの更新を実行中です。

ローカルノードからテイクオーバーするノードへの SFO アグリゲートの所有権の切り替えを実行中です。パートナーノードでのディスクファームウェアのバックグラウンド更新が完了するのを待っています。

partner_name に接続されています。前回のテイクオーバーの試行が理由で中止されました。パートナーの一部の SFO アグリゲートがローカルノードで所有されています。残りのアグリゲートをテイクオーバーする場合は「‑ bypass -optimization 」パラメータを true に設定して、パートナーのテイクオーバーをもう一度実行します。再配置されたアグリゲートを戻す場合は、パートナーのギブバックを問題に設定します。

HA インターコネクトがアクティブでパートナーノードにデータを転送できます。前回のテイクオーバーの試行が reason で示された理由により中止されました。パートナーの一部の SFO アグリゲートがローカルノードで所有されています。

  • 残りの SFO アグリゲートをテイクオーバーする場合は、‑ bypass ‑ optimization パラメータを true に設定して、パートナーノードのテイクオーバーを再発行するか、再配置されたアグリゲートを戻す場合はパートナーのギブバックを実行します。

partner_name に接続されています。前回のテイクオーバーの試行が中止されました。パートナーの一部の SFO アグリゲートがローカルノードで所有されています。残りのアグリゲートをテイクオーバーする場合は「‑ bypass -optimization 」パラメータを true に設定して、パートナーのテイクオーバーをもう一度実行します。再配置されたアグリゲートを戻す場合は、パートナーのギブバックを問題に設定します。

HA インターコネクトがアクティブでパートナーノードにデータを転送できます。前回のテイクオーバーの試行が中止されました。パートナーの一部の SFO アグリゲートがローカルノードで所有されています。

  • 残りの SFO アグリゲートをテイクオーバーする場合は、‑ bypass ‑ optimization パラメータを true に設定して、パートナーノードのテイクオーバーを再発行するか、再配置されたアグリゲートを戻す場合はパートナーのギブバックを実行します。

partner_name を待機しています前回のテイクオーバーの試行が理由で中止されました。パートナーの一部の SFO アグリゲートがローカルノードで所有されています。残りのアグリゲートをテイクオーバーする場合は「‑ bypass -optimization 」パラメータを true に設定して、パートナーのテイクオーバーをもう一度実行します。再配置されたアグリゲートを戻す場合は、パートナーのギブバックを問題に設定します。

ローカルノードとパートナーノードの間で、 HA インターコネクトを介して情報を交換できません。前回のテイクオーバーの試行が reason で示された理由により中止されました。パートナーの一部の SFO アグリゲートがローカルノードで所有されています。

  • 残りの SFO アグリゲートをテイクオーバーする場合は、‑ bypass ‑ optimization パラメータを true に設定して、パートナーノードのテイクオーバーを再発行するか、再配置されたアグリゲートを戻す場合はパートナーのギブバックを実行します。

partner_name を待機しています前回のテイクオーバーの試行が中止されました。パートナーの一部の SFO アグリゲートがローカルノードで所有されています。残りのアグリゲートをテイクオーバーする場合は「‑ bypass -optimization 」パラメータを true に設定して、パートナーのテイクオーバーをもう一度実行します。再配置されたアグリゲートを戻す場合は、パートナーのギブバックを問題に設定します。

ローカルノードとパートナーノードの間で、 HA インターコネクトを介して情報を交換できません。前回のテイクオーバーの試行が中止されました。パートナーの一部の SFO アグリゲートがローカルノードで所有されています。

  • 残りの SFO アグリゲートをテイクオーバーする場合は、‑ bypass ‑ optimization パラメータを true に設定して、パートナーノードのテイクオーバーを再発行するか、再配置されたアグリゲートを戻す場合はパートナーのギブバックを実行します。

partner_name に接続されています。ローカルノードでディスクファームウェアのバックグラウンド更新( BDFU )に失敗したため、前回のテイクオーバーの試行が中止されました。

HA インターコネクトがアクティブでパートナーノードにデータを転送できます。ローカルノードでのディスクファームウェアのバックグラウンド更新が無効になっていたため、前回のテイクオーバーの試行が中止されました。

partner_name に接続されています。前回のテイクオーバーの試行が理由で中止されました。

HA インターコネクトがアクティブでパートナーノードにデータを転送できます。前回のテイクオーバーの試行が reason で示された理由により中止されました。

partner_name を待機しています前回のテイクオーバーの試行が理由で中止されました。

ローカルノードとパートナーノードの間で、 HA インターコネクトを介して情報を交換できません。前回のテイクオーバーの試行が reason で示された理由により中止されました。

partner_name に接続されています。partner_name による前回のテイクオーバーの試行が reason で示された理由により中止されました。

HA インターコネクトがアクティブでパートナーノードにデータを転送できます。パートナーノードによる前回のテイクオーバーの試行が reason で示された理由により中止されました。

partner_name に接続されています。partner_name による前回のテイクオーバーの試行が中止されました。

HA インターコネクトがアクティブでパートナーノードにデータを転送できます。パートナーノードによる前回のテイクオーバーの試行が中止されました。

partner_name を待機していますpartner_name による前回のテイクオーバーの試行が reason で示された理由により中止されました。

ローカルノードとパートナーノードの間で、 HA インターコネクトを介して情報を交換できません。パートナーノードによる前回のテイクオーバーの試行が reason で示された理由により中止されました。

前回のギブバックがモジュールで失敗しました: module name 。number of seconds で示された秒数以内に自動ギブバックが開始されます。

前回のギブバックの試行が module_name で示されたモジュールで失敗しました。number of seconds で示された秒数以内に自動ギブバックが開始されます。

  • 詳細については、「 storage failover show-giveback 」コマンドを実行します。

コントローラの無停止アップグレード手順の一環として、ノードがパートナーのアグリゲートを所有します。

コントローラの無停止アップグレードを実行中の手順があるため、パートナーのアグリゲートがノードで所有されています。

partner_name に接続されています。クラスタ内の別のノードに属するアグリゲートがノードで所有されています。

HA インターコネクトがアクティブでパートナーノードにデータを転送できます。クラスタ内の別のノードに属するアグリゲートがノードで所有されています。

partner_name に接続されています。パートナーロックの同期を待っています。

HA インターコネクトがアクティブでパートナーノードにデータを転送できます。パートナーロックの同期が完了するのを待っています。

partner_name に接続されています。ローカルノードでクラスタのアプリケーションがオンラインになるのを待っています。

HA インターコネクトがアクティブでパートナーノードにデータを転送できます。ローカルノードでクラスタのアプリケーションがオンラインになるのを待っています。

非 HA モードでは、 NVRAM をすべて使用するにはリブートしてください。

ストレージフェイルオーバーを実行できません。HA モードのオプションが non_ha に設定されています。

  • ノードの NVRAM をすべて使用できるようにするには、ノードをリブートする必要があります。

非 HA モード。ノードをリブートして HA をアクティブ化します。

ストレージフェイルオーバーを実行できません。

  • HA 機能を有効にするには、ノードをリブートする必要があります。

非 HA モード。

ストレージフェイルオーバーを実行できません。HA モードのオプションが non_ha に設定されています。

  • HA 機能を有効にするには、 HA ペアの両方のノードで「 storage failover modify ‑ mode ha ‑ node nodename 」コマンドを実行してから、ノードを再起動する必要があります。