日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

テイクオーバーとギブバックをテストする

寄稿者 netapp-thomi

HA ペアについてのすべての設定が完了したら、テイクオーバー処理やギブバック処理の際に両方のノードのストレージに中断なくアクセスできることを確認する必要があります。テイクオーバーの処理中は、通常はパートナーノードから提供されるデータがローカル(テイクオーバー)ノードで継続して提供されるようにする必要があります。ギブバックの際は、パートナーのストレージを制御および提供する役割がパートナーノードに戻らなければなりません。

手順
  1. HA インターコネクトケーブルのケーブル接続を調べて、確実に接続されていることを確認します。

  2. ライセンスが付与されたプロトコルごとに、両方のノードでファイルを作成および取得できることを確認します。

  3. 次のコマンドを入力します。

    「 storage failover takeover -ofnode partnernode

    コマンドの詳細については、マニュアルページを参照してください。

  4. 次のいずれかのコマンドを入力して、テイクオーバーが実行されたことを確認します。

    「 storage failover show -takeover 」のように表示されます

    「 storage failover show 」をクリックします

    「 storage failover 」コマンドの「 -auto-giveback 」オプションを有効にした場合:

    ノード

    パートナー

    テイクオーバーが可能です

    State 概要の略

    ノード 1

    ノード 2

    -

    ギブバックを待っています

    ノード 2

    ノード 1

    いいえ

    テイクオーバーの発生後、 number of seconds で示された秒数以内に自動ギブバックが開始されます

    「 storage failover 」コマンドの「 -auto-giveback 」オプションを無効にした場合:

    ノード

    パートナー

    テイクオーバーが可能です

    State 概要の略

    ノード 1

    ノード 2

    -

    ギブバックを待っています

    ノード 2

    ノード 1

    いいえ

    テイクオーバー中です

  5. パートナーノード(ノード 2 )に属するディスクのうち、テイクオーバーノード(ノード 1 )で検出できるすべてのディスクを表示します。

    「 storage disk show -home node2 -ownership 」を参照してください

    次のコマンドは、ノード 2 に属するディスクのうち、ノード 1 で検出できるすべてのディスクを表示します。 cluster : > storage disk show -home node2 -ownership

    ディスク

    アグリゲート

    ホーム

    オーナー

    DR ホーム

    ホーム ID

    所有者 ID

    DR ホーム ID

    予約者

    プール

    1.0.2

    -

    ノード 2

    ノード 2

    -

    4078312453

    4078312453

    -

    4078312452

    プール 0

    1.0.3

    -

    ノード 2

    ノード 2

    -

    4078312453

    4078312453

    -

    4078312452

    プール 0

  6. テイクオーバーノード(ノード 1 )がパートナーノード(ノード 2 )のアグリゲートを制御していることを確認します。

    「 aggr show ‑ fields home-id 、 home-name 、 is-home 」

    アグリゲート

    home-id

    Home - 名前 h

    is-fhome

    aggr0_cluster1_01 の実行

    2014942045

    ノード 1

    正しいです

    aggr0_2 です

    4078312453

    ノード 2

    いいえ

    aggr1_cluster1_01 があります

    2014942045

    ノード 1

    正しいです

    aggr1_2 の構成ファイル

    4078312453

    ノード 2

    いいえ

    テイクオーバー時、パートナーノードのアグリゲートの「 is-home 」の値が false になります。

  7. 「 Waiting for giveback' 」メッセージが表示されたら、パートナー・ノードのデータ・サービスをギブバックします。

    「 storage failover giveback -ofnode partnernode

  8. 次のいずれかのコマンドを入力して、ギブバック処理の進捗を監視します。

    「 storage failover show-giveback 」を参照してください

    「 storage failover show 」をクリックします

  9. ギブバックが正常に完了したというメッセージが表示されたかどうかに応じて、次の手順に進みます。

    テイクオーバーおよびギブバックの結果

    作業

    が完了しました

    パートナーノードで手順 2~8 を繰り返します。

    失敗

    テイクオーバーまたはギブバックの失敗を修正してから、この手順を繰り返します。