日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

高可用性

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

クラスタノードは、フォールトトレランスとノンストップオペレーションを実現するためにハイアベイラビリティ( HA )ペアとして構成されます。ノードに障害が発生した場合や定期的なメンテナンスのためにノードを停止する必要がある場合、パートナーがストレージをテイクオーバーしてデータの提供を継続できます。ノードがオンラインに戻ったら、パートナーはストレージをギブバックします。

HA ペアコントローラ構成は、対応する FAS / AFF ストレージコントローラ(ローカルノードとパートナーノード)のペアで構成されます。これらの各ノードは、もう一方のディスクシェルフに接続されます。HA ペアの一方のノードでエラーが発生し、データの処理が停止すると、パートナーによって障害ステータスが検出され、そのコントローラからすべてのデータ処理がテイクオーバーされます。

_Takeover は、ノードがパートナーのストレージの制御を引き継ぐプロセスです。

giveback は、ストレージがパートナーに返されるプロセスです。

デフォルトでは、テイクオーバーは次のいずれかの状況で自動的に実行されます。

  • パニック状態になるノードでソフトウェアまたはシステムの障害が発生した場合HA ペアコントローラは、対応するパートナーノードに自動的にフェイルオーバーします。パートナーがパニック状態から回復してブートされると、ノードで自動的にギブバックが実行されてパートナーが通常の動作状態に戻ります。

  • ノードでシステム障害が発生し、ノードをリブートできない。たとえば、電源の喪失によってノードに障害が発生した場合、 HA ペアコントローラがパートナーノードに自動的にフェイルオーバーされ、稼働しているストレージコントローラからデータが提供されます。

注記 ノードのストレージへの電源も同時に喪失した場合は、標準テイクオーバーは実行できません。
  • ノードのパートナーからハートビートメッセージが届かない場合この状況は、パートナーでハードウェア障害またはソフトウェア障害(インターコネクト障害など)が発生してパニック状態にならなかったが、正常に機能しなくなった場合に発生することがあります。

  • 「 -f 」パラメータまたは「 -inhibit-takeover true 」パラメータを使用しないで一方のノードを停止した場合

注記 クラスタ HA が有効な 2 ノードクラスタで、「‑ inhibit-takeover true 」パラメータを使用してノードを停止またはリブートする場合は、クラスタ HA を無効にしてから、オンラインのままにするノードにイプシロンを割り当てておかないと、両方のノードでデータ処理が停止します。
  • inhibit ‑ takeover true パラメータを使用しないで、いずれかのノードを再起動した場合。(「 storage failover 」コマンドの「‑ ONBOOT 」パラメータはデフォルトで有効になっています)。

  • リモート管理デバイス(サービスプロセッサ)でパートナーノードの障害が検出された場合。これは、ハードウェアアシストテイクオーバーを無効にした場合は該当しません。

テイクオーバーは、「 storage failover takeover 」コマンドを使用して手動で開始することもできます。