日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Windows のセキュリティタブを使用して、監査ポリシーに関する情報を表示します

寄稿者

Windows のプロパティウィンドウのセキュリティタブを使用して、ファイルおよびディレクトリに適用されている監査ポリシーに関する情報を表示できます。これは Windows サーバ上に存在するデータの場合と同じ方法であり、ユーザは使い慣れたものと同じ GUI インターフェイスを使用できます。

ファイルやディレクトリに適用されている監査ポリシーに関する情報を表示すると、指定したファイルやフォルダに適切なシステムアクセス制御リスト( SACL )が設定されていることを確認できます。

NTFS ファイルおよびフォルダに適用されている SACL に関する情報を表示するには、 Windows ホストで次の手順を実行します。

手順
  1. Windows Explorer の * ツール * メニューから、 * ネットワークドライブのマップ * を選択します。

  2. [* ネットワークドライブの割り当て * ] ダイアログボックスに入力します。

    1. ドライブ文字を選択します。

    2. [ * フォルダ * ] ボックスに、監査するデータと共有名の両方を保持する共有が含まれている Storage Virtual Machine ( SVM )の IP アドレスまたは CIFS サーバ名を入力します。

      CIFS サーバ名が「 CIFS_SERVER\share1 」で、共有名が「 share1 」の場合は、「 \\CIFS_SERVER\share1 」と入力します。

      注記

      CIFS サーバ名の代わりに、 CIFS サーバのデータインターフェイスの IP アドレスを指定することもできます。

    3. [ 完了 ] をクリックします。

    選択したドライブがマウントされて使用可能な状態になり、共有内に格納されているファイルやフォルダが Windows エクスプローラウィンドウに表示されます。

  3. 監査情報を表示するファイルまたはディレクトリを選択します。

  4. ファイルまたはディレクトリを右クリックし、 * プロパティ * を選択します。

  5. [ * セキュリティ * ] タブを選択します。

  6. 「 * 詳細設定 * 」をクリックします。

  7. [ 監査 *] タブを選択します。

  8. [* Continue (続行) ] をクリックします

    [ 監査 ] ボックスが開きます。[ 監査エントリ * ] ボックスには、 SACL が適用されているユーザーとグループの概要が表示されます。

  9. [ * 監査エントリ * ] ボックスで、 SACL エントリを表示するユーザーまたはグループを選択します。

  10. [ 編集( Edit ) ] をクリックします。

    [< オブジェクト > の監査エントリ ] ボックスが開きます。

  11. [ * アクセス * ( * Access * ) ] ボックスで、選択したオブジェクトに適用されている現在の SACL を表示します。

  12. [ * キャンセル * ] をクリックして、 [ * 監査エントリ for < オブジェクト >*] ボックスを閉じます。

  13. [ * キャンセル * ] をクリックして、 [ * 監査 * ] ボックスを閉じます。