日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FPolicy によるポリシーの処理の管理方法

寄稿者

Storage Virtual Machine ( SVM )には、優先度が異なる複数の FPolicy ポリシーが割り当てられる場合があります。SVM で適切な FPolicy の設定を作成するには、 FPolicy によるポリシーの処理の管理方法を理解しておくことが重要です。

最初に各ファイルアクセス要求が評価され、このイベントを監視するポリシーが決定されます。監視対象イベントの場合は、関連するポリシーとともにそのイベントに関する情報が評価を行う FPolicy に渡されます。各ポリシーは、割り当てられた優先度の順に評価されます。

ポリシーを設定する際には、次の推奨事項を考慮してください。

  • あるポリシーが常に他のポリシーよりも先に評価されるようにするには、そのポリシーの優先度を高く設定します。

  • 監視対象イベントで要求されたファイルアクセス処理が正常に実行されることが、別のポリシーに対して評価されるファイル要求の前提条件となる場合は、最初のファイル処理の成功または失敗を制御するポリシーの優先度を高く設定します。

    たとえば、 1 つのポリシーで FPolicy のファイルのアーカイブとリストアの機能を管理し、 2 つ目のポリシーでオンラインファイルのファイルアクセス処理を管理する場合、 ファイルのリストアを管理するポリシーの優先度を高くして、 2 番目のポリシーで管理されている処理を実行する前にファイルをリストアするようにする必要があります。

  • ファイルアクセス処理に適用される可能性があるすべてのポリシーを評価するには、同期ポリシーの優先度を低く設定します。

既存のポリシーの優先度を変更するには、ポリシーのシーケンス番号を変更します。ただし、変更した優先度に基づいてポリシーを評価するには、変更したシーケンス番号を持つポリシーを無効にしてから再度有効にする必要があります。