日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster および SVM ディザスタリカバリ設定を含むクラスタ対象 FPolicy 外部エンジンの制限事項

寄稿者 netapp-thomi

クラスタを対象とした FPolicy 外部エンジンは、クラスタ Storage Virtual Machine ( SVM )をそのエンジンに割り当てることで作成できます。ただし、クラスタ対象の外部エンジンを MetroCluster または SVM ディザスタリカバリ設定で作成する場合は、 SVM が FPolicy サーバとの外部通信で使用する認証方式を選択する際にある種の制限が存在します。

外部 FPolicy サーバの作成時に選択できる認証オプションは、認証なし、 SSL サーバ認証、 SSL 相互認証の 3 つです。外部 FPolicy サーバがデータ SVM に割り当てられている場合は認証オプションを選択する際の制限事項はありませんが、クラスタ対象の FPolicy 外部エンジンを作成する際には制限事項があります。

設定

許可されるかどうか

MetroCluster または SVM ディザスタリカバリと、認証を行わないクラスタ対象 FPolicy 外部エンジン( SSL 未設定)

はい。

MetroCluster または SVM ディザスタリカバリと、 SSL サーバ認証または SSL 相互認証を行うクラスタ対象 FPolicy 外部エンジン

いいえ

  • SSL 認証を行うクラスタ対象 FPolicy 外部エンジンが存在し、 MetroCluster または SVM ディザスタリカバリ設定を作成する場合は、認証をまったく使用しないようにこの外部エンジンを変更するか、 MetroCluster または SVM ディザスタリカバリ設定を作成する前に外部エンジンを削除する必要があります。

  • MetroCluster または SVM ディザスタリカバリ設定がすでに存在する場合は、 ONTAP により、 SSL 認証を行うクラスタ対象 FPolicy 外部エンジンの作成が阻止されます。