日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

show コマンドの仕組み

寄稿者

FPolicy の設定に関する情報を表示する際には、「 show 」コマンドの仕組みを理解しておくと便利です。

パラメータを追加せずに 'how コマンドを実行すると ' 情報が要約形式で表示されますさらに 'how コマンドには ' 相互に排他的な 2 つのオプション・パラメータ '-instance' と --field' があります

「 -instance 」パラメータを「 show 」コマンドとともに使用すると、コマンド出力に詳細情報がリスト形式で表示されます。場合によっては、詳細出力には時間がかかることがあり、不要な情報が含まれることもあります。「 -fields fieldname[, fieldname…​] 」パラメータを使用すると、指定したフィールドの情報のみが表示されるように出力をカスタマイズできます。どのフィールドを指定できるかを確認するには '?' と入力します 「 -fields 」パラメータのあとに入力します。

注記

「 -fields 」パラメータを指定した「 show 」コマンドの出力には、要求されたフィールドに関連する他の関連フィールドや必須フィールドが表示される場合があります。

すべての 'how コマンドには ' その出力をフィルタリングし ' コマンド出力に表示される情報の範囲を絞り込むことができる 1 つ以上のオプションパラメータがありますコマンドで使用できるオプションのパラメータを確認するには '?' を入力します 「 show 」コマンドの後。

「 show `s 」コマンドでは、 UNIX スタイルのパターンとワイルドカードがサポートされており、コマンドパラメータ引数の複数の値を照合できます。たとえば、ワイルドカード演算子( * )、 NOT 演算子( ! )、 OR 演算子( | )、範囲演算子( integer…​integer )、 less-than 演算子( < )、 greater-than 演算子( > )、 less-than-or-equal-to 演算子( <= )、 greater-than-or-equal-to 演算子( >= )を指定する場合に使用できます。

UNIX 形式のパターンおよびワイルドカードの使用の詳細については、『 ONTAP 管理者ガイド』の「 SVM コマンドラインインターフェイスの使用」のセクションを参照してください。