日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットワークの問題を診断するためのコマンドです

寄稿者 netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

「 ping 」、「 traceroute 」、「 ndp 」、「 tcpdump 」などのコマンドを使用すると、ネットワークの問題を診断できます。ping6 コマンドや traceroute6 コマンドを使って、 IPv6 の問題を診断することもできます。

状況 入力するコマンド

ノードがネットワーク上の他のホストに到達できるかどうかをテストします

ネットワーク ping

ノードが IPv6 ネットワーク上の他のホストに到達できるかどうかをテストします

ネットワーク ping6

IPv4 パケットがネットワークノードまでたどったルートをトレースする

ネットワーク traceroute

IPv6 パケットがネットワークノードまでたどったルートをトレースする

Network traceroute6 を実行します

近接探索プロトコル( NDP )を管理する

ネットワーク NDP

指定したネットワークインターフェイスまたはすべてのネットワークインターフェイスで送受信されたパケットの統計情報を表示する

run -node node_name ifstat * 注:このコマンドはノードシェルから利用できます。

リモートデバイスタイプやデバイスプラットフォームなど、クラスタ内の各ノードとポートで検出されている隣接デバイスに関する情報を表示します

network device-discovery show の実行

ノードの CDP 隣接デバイスを表示する( ONTAP は CDPv1 通知のみをサポート)

実行ノードの node_name cdpd show-neighbors * 注:このコマンドはノードシェルから利用できます。

ネットワークで送受信されたパケットをトレースします

ネットワーク tcpdump start -node node_name -port port_name * 注:このコマンドはノードシェルから使用できます。

クラスタ間またはクラスタ内のノード間のレイテンシとスループットを測定します

network test-path -source-path -source -node source_nodename

local-destination -cluster destination_clustername -destination -node destination_nodename -session-type default

AsyncMirrorLocal です

AsyncMirrorRemote

SyncMirrorRemote

これらのコマンドの詳細については、該当するマニュアルページを参照してください。 "ONTAP 9 のコマンド"