日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP 9.8 以降のブロードキャストドメインについて

寄稿者 netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

ブロードキャストドメインの目的は、同じレイヤ 2 ネットワークに属するネットワークポートをグループ化することです。グループ化したポートは、データまたは管理トラフィック用の Storage Virtual Machine ( SVM )で使用できます。

ブロードキャストドメインは IPspace 内に配置されます。クラスタを初期化すると、デフォルトのブロードキャストドメインが 2 つ作成されます。

  • 「デフォルト」のブロードキャストドメインには、「デフォルト」の IPspace 内にあるポートが含まれています。

    これらのポートは、主にデータの提供に使用されます。クラスタ管理ポートとノード管理ポートも、このブロードキャストドメインに含まれています。

  • 「クラスタ」のブロードキャストドメインには、「クラスタ」の IPspace 内にあるポートが含まれています。

    これらのポートはクラスタ通信に使用され、クラスタ内のすべてのノードのすべてのクラスタポートが含まれます。

    必要に応じて、追加のブロードキャストドメインがデフォルト IPspace に作成されます。「 default 」ブロードキャストドメインには、管理 LIF のホームポートに加え、そのポートにレイヤ 2 に到達できるその他のポートが含まれます。追加のブロードキャストドメインには、「 default-1 」、「 default-2 」などの名前が付けられます。