日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LIF のフェイルオーバーを設定する

寄稿者 netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

フェイルオーバーポリシーとフェイルオーバーグループを LIF に適用することにより、ネットワークポートの特定のグループに LIF がフェイルオーバーするように設定できます。また、 LIF の別のポートへのフェイルオーバーを無効にすることもできます。

このタスクについて
  • LIF を作成すると、 LIF フェイルオーバーがデフォルトで有効になり、使用可能なターゲットポートのリストが、 LIF のタイプとサービスポリシーに基づくデフォルトのフェイルオーバーグループとフェイルオーバーポリシーによって決まります。

    9.5 以降では、 LIF を使用できるネットワークサービスを定義するサービスポリシーを LIF に指定できます。一部のネットワークサービスでは、 LIF のフェイルオーバーが制限されます。

    注記 フェイルオーバーをさらに制限する方法で LIF のサービスポリシーを変更すると、 LIF のフェイルオーバーポリシーが自動的に更新されます。
  • LIF のフェイルオーバーの動作は、 network interface modify コマンドの -failover-group パラメータと -failover-policy パラメータの値を指定することによって変更することができます。

  • LIF の変更によって、 LIF に有効なフェイルオーバーターゲットがなくなる場合は警告メッセージが表示されます。

    有効なフェイルオーバーターゲットのない LIF がフェイルオーバーしようとすると、システムが停止する可能性があります。

  • 次に、 -failover-policy の設定によって、フェイルオーバーグループからどのターゲットポートが選択されるかを示します。

    • 「 broadcast-domain-wide 」フェイルオーバーグループ内のすべてのノード上のすべてのポートを環境します。

    • 「システム定義」環境 LIF のホームノード上のポートとクラスタ内の 1 つの他のノード(通常は SFO 以外のパートナー)のみ。

    • 「 local-only 」環境の設定は、 LIF のホームノードにあるポートだけになります。

    • 「 sfo-partner-only 」は、 LIF のホームノードおよび SFO パートナー上のポートのみを環境として構成します。

    • 「 disabled 」は、 LIF がフェイルオーバーに設定されていないことを示します。

      注記 SAN プロトコルの論理インターフェイスは、フェイルオーバーをサポートしていません。したがって、これらの LIF は常に disabled に設定されています。

既存のインターフェイスのフェイルオーバーを設定します。

network interface modify -vserver <vserver_name> -lif <lif_name> -failover-policy <failover_policy> -failover-group <failover_group>

フェイルオーバーの設定例、および無効化の例

次のコマンドは、フェイルオーバーポリシーを broadcast-domain-wide に設定し、 SVM vs3 の data1 という LIF のフェイルオーバーターゲットとして、フェイルオーバーグループ fg3 のポートを使用します。

network interface modify -vserver vs3 -lif data1 failover-policy broadcast-domain-wide - failover-group fg3

network interface show -vserver vs3 -lif * -fields failover-group,failover-policy

vserver lif             failover-policy       failover-group
------- -------------- ---------------        --------------
vs3     data1          broadcast-domain-wide  fg3

次のコマンドは、 SVM vs3 の data1 という LIF のフェイルオーバーを無効にします。

network interface modify -vserver vs3 -lif data1 failover-policy disabled