日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

概要

寄稿者 netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

サブネットを使用すると、 ONTAP ネットワーク設定用の IP アドレスの特定のブロックまたはプールを割り当てることができます。これにより、「 network interface create 」コマンドを使用するときに、 IP アドレスやネットワークマスク値を指定する代わりにサブネット名を指定して、 LIF を簡単に作成できます。

サブネットはブロードキャストドメイン内に作成され、同じレイヤ 3 サブネットに属する IP アドレスのプールを含んでいます。サブネット内の IP アドレスは、 LIF の作成時にブロードキャストドメインのポートに割り当てられます。LIF を削除すると、その IP アドレスはサブネットプールに返され、以降の LIF で使用できるようになります。

IP アドレスの管理が容易になり、 LIF を簡単な手順で作成できるようになるため、サブネットを使用することを推奨します。また、サブネットを定義するときにゲートウェイを指定した場合、そのサブネットを使用して LIF を作成すると、そのゲートウェイへのデフォルトルートが SVM に自動的に追加されます。