日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ポートのタイプと LIF の互換性があります

寄稿者 netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

LIF には、さまざまなポートタイプをサポートするための特性があります。

注記 クラスタ間 LIF と管理 LIF が同じサブネットに設定されていると、管理トラフィックが外部のファイアウォールによってブロックされ、 AutoSupport 接続と NTP 接続が失敗する可能性があります。システムをリカバリするには、「 network interface modify -vserver vserver_name --lif_intercluster lif__ status-admin up | down 」コマンドを実行してクラスタ間 LIF を切り替えます。ただし、この問題を回避するには、クラスタ間 LIF と管理 LIF を別々のサブネットに設定する必要があります。
LIF 説明

データ LIF

Storage Virtual Machine ( SVM )に関連付けられた LIF で、クライアントとの通信に使用します。1 つのポートに複数のデータ LIF を設定できます。これらのインターフェイスは、クラスタ全体で移行またはフェイルオーバーできます。ファイアウォールポリシーを mgmt に変更すると、データ LIF を SVM 管理 LIF として使用できます。データ LIF は、 NIS 、 LDAP 、 Active Directory 、 WINS 、および DNS の各サーバに対するセッションで使用されます。

クラスタ LIF

クラスタ内のノード間のクラスタ内トラフィックに使用される LIF です。クラスタ LIF は、必ずクラスタポート上に作成する必要があります。クラスタ LIF は、同じノードのクラスタポート間でフェイルオーバーできますが、リモートノードに移行またはフェイルオーバーすることはできません。新しいノードがクラスタに追加されると、 IP アドレスは自動的に生成されます。ただし、クラスタ LIF に IP アドレスを手動で割り当てる場合は、新しい IP アドレスが既存のクラスタ LIF と同じサブネット範囲に含まれるようにする必要があります。

クラスタ管理 LIF

クラスタ全体に対する単一の管理インターフェイスを提供する LIF です。クラスタ管理 LIF は、クラスタ内の任意のノードにフェイルオーバーできます。クラスタポートまたはクラスタ間ポートにはフェイルオーバーできません

クラスタ間 LIF

クラスタ間の通信、バックアップ、およびレプリケーションに使用される LIF です。クラスタピア関係を確立する前に、クラスタ内の各ノードにクラスタ間 LIF を作成する必要があります。これらの LIF は、同じノードのポートにのみフェイルオーバーできます。クラスタ内の別のノードに移行またはフェイルオーバーすることはできません。

ノード管理 LIF

クラスタ内の特定のノードを管理するために専用の IP アドレスを提供する LIF です。クラスタの作成時またはクラスタへのノードの追加時に作成されます。これらの LIF は、クラスタからノードにアクセスできなくなった場合など、システムのメンテナンスに使用されます。

VIP LIF

VIP LIF は、 VIP ポートで作成される任意のデータ LIF です。詳細については、を参照してください "仮想 IP ( VIP ) LIF を設定する"

データ LIF クラスタ LIF ノード管理 LIF クラスタ管理 LIF クラスタ間 LIF

主なトラフィックタイプ

NFS サーバ、 CIFS サーバ、 NIS クライアント、 Active Directory 、 LDAP 、 WINS 、 DNS クライアントおよびサーバ、 iSCSI および FC サーバ

クラスタ内

SSH サーバ、 HTTPS サーバ、 NTP クライアント、 SNMP 、 AutoSupport クライアント、 DNS クライアント、ソフトウェアアップデートのロード

SSH サーバ、 HTTPS サーバ

クラスタ間レプリケーション