日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

概要

寄稿者 netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

クラスタの SVM を監視するように SNMP を設定すると、問題を発生前に回避したり、発生時に対応したりすることができます。SNMP の管理には、 SNMP ユーザを設定し、すべての SNMP イベントの SNMP トラップの送信先(管理ワークステーション)を設定する必要があります。データ LIF では、 SNMP はデフォルトで無効になっています。

データ SVM に、読み取り専用 SNMP ユーザを作成して管理できます。データ LIF は、 SVM で SNMP 要求を受信するように設定する必要があります。

SNMP ネットワーク管理ワークステーションまたはマネージャは、 SVM SNMP エージェントに情報を照会できます。SNMP エージェントは情報を収集し、 SNMP マネージャに転送します。SNMP エージェントは、特定のイベントが発生するたびにトラップ通知も生成します。SVM 上の SNMP エージェントの権限は読み取り専用権限であるため、設定操作や、トラップに応答して対処するために使用することはできません。ONTAP は SNMP バージョン v1 、 v2c 、および v3 と互換性のある SNMP エージェントを備えています。SNMPv3 は、パスフレーズと暗号化を使用して高度なセキュリティを提供します。

ONTAP システムでの SNMP サポートの詳細については、を参照してください "TR-4220 :『 SNMP Support in Data ONTAP 』"