日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP 9.8 以降でのノードからの NIC の取り外し

寄稿者 netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

このトピックは環境 ONTAP 9.8 以降です。障害の発生した NIC をスロットから取り外したり、メンテナンスのために NIC を別のスロットに移したりしなければならない場合があります。

手順
  1. ノードの電源をオフにします。

  2. NIC をスロットから物理的に取り外します。

  3. ノードの電源をオンにします。

  4. ポートが削除されたことを確認します。

    network port show
    注記 ONTAP は、すべてのインターフェイスグループからポートを自動的に削除します。ポートがインターフェイスグループの唯一のメンバーであった場合は、インターフェイスグループが削除されます。
  5. ポートに VLAN が設定されている場合は、ポートが取り外されます。次のコマンドを使用すると、削除された VLAN を表示できます。

    cluster controller-replacement network displaced-vlans show
    注記 「 dispaced-interface show 」、「 displaced-vlans show 」、「 dispaced-vlans restore 」コマンドは一意であり、「 cluster controller-replacement network 」で始まる完全修飾コマンド名は必要ありません。
  6. これらの VLAN は削除されますが、次のコマンドを使用してリストアできます。

    displaced-vlans restore
  7. ポートに LIF が設定されている場合は、同じブロードキャストドメインの別のポート上のそれらの LIF に新しいホームポートが ONTAP によって自動的に選択されます。同じ Filer 上に適切なホーム・ポートが見つからない場合、これらの LIF は取り外されたと見なされます。削除した LIF を表示するには、次のコマンドを使用します。

    「 dispaced-interface show 」

  8. 同じノードのブロードキャストドメインに新しいポートを追加すると、 LIF のホームポートは自動的にリストアされます。または、「 network interface modify -home-node -home-port home -node 」を使用してホームポートを設定するか、または、 o変位 した interface restore コマンドを使用することもできます。