日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

マルチプロトコル環境でのファイル名とディレクトリ名の大文字と小文字の区別

寄稿者

ファイル名とディレクトリ名について、 NFS クライアントでは大文字と小文字が区別されますが、 CIFS クライアントでは大文字と小文字が区別されず、同じ文字として扱われます。この違いがマルチプロトコル環境に及ぼす影響と、 SMB 共有の作成時にパスを指定するときや、共有内のデータにアクセスするときにどのような対処が必要になるかを理解しておく必要があります。

SMB クライアントで testdir という名前のディレクトリを作成すると、 SMB クライアントと NFS クライアントのどちらでもディレクトリ名は「 testdir 」と表示されます。ただし、 SMB ユーザがあとで TESTDIR という名前のディレクトリを作成しようとしても、 SMB クライアントではその名前がすでに存在しているとみなされるため作成できません。NFS ユーザがあとで「 testdir 」という名前のディレクトリを作成すると、このディレクトリ名は NFS クライアントと SMB クライアントで次のように異なって表示されます。

  • NFS クライアントでは ' ディレクトリ名の大文字と小文字が区別されるため ' 両方のディレクトリ名が作成したとおりに表示されますたとえば 'testdir と TESTDIR と表示されます

  • SMB クライアントでは、 2 つのディレクトリを区別するために 8.3 形式の名前が使用されます。1 つのディレクトリにはベースファイル名が付けられます。追加のディレクトリには 8.3 形式のファイル名が割り当てられます。

    • SMB クライアントでは 'testdir と TESTDI~1 という名前が表示されます

    • ONTAP は '2 つのディレクトリを区別するために 'TESTDI~1 というディレクトリ名を作成します

      この場合、 Storage Virtual Machine ( SVM )での共有の作成時または変更時に共有パスを指定するときは、 8.3 形式の名前を使用する必要があります。

ファイルの場合も同様に、 SMB クライアントが「 test.txt 」を作成すると、 SMB クライアントと NFS クライアントのどちらでもファイル名は「 text.txt 」と表示されます。ただし、 SMB ユーザがあとで「 Test.txt 」を作成しようとしても、 SMB クライアントではその名前がすでに存在しているため、名前は許可されません。NFS ユーザがあとで「 Test.txt 」という名前のファイルを作成すると、このファイル名は NFS クライアントと SMB クライアントで次のように異なって表示されます。

  • NFS クライアントでは、ファイル名の大文字と小文字が区別されるため、両方のファイル名が作成したとおりに「 test.txt 」と「 Test.txt 」と表示されます。

  • SMB クライアントでは、 2 つのファイルを区別するために 8.3 形式の名前が使用されます。1 つのファイルにはベースファイル名が付けられます。追加のファイルには 8.3 形式のファイル名が割り当てられます。

    • SMB クライアントでは、「 test.txt 」と「 test~1.TXT 」が表示されます。

    • ONTAP は '2 つのファイルを区別するために 'test~1.TXT というファイル名を作成します

注記

SVM cifs character-mapping コマンドを使用して文字マッピングを有効または変更した場合、通常、大文字と小文字は区別されない Windows ルックアップは大文字と小文字が区別されます。