日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP によるファイル名とディレクトリ名の作成方法

寄稿者

ONTAP は、 SMB クライアントからアクセスされるすべてのディレクトリ内にあるファイルまたはディレクトリに対して 2 つの名前が作成され、保持されます。元の長い名前と 8.3 形式の名前です。

名前が 8 文字を超える、または拡張子が 3 文字を超える(ファイルの場合)ファイル名やディレクトリ名について、 ONTAP は次のように 8.3 形式の名前を生成します。

  • 名前が 6 文字を超える場合は、元のファイル名またはディレクトリ名が 6 文字に切り捨てられます。

  • 切り捨て後に一意でなくなったファイル名またはディレクトリ名には、チルダ( ~ )と 1~5 の数字が追加されます。

    同様の名前が 6 つ以上存在するため数字が足りなくなった場合には、元の名前とは無関係な一意の名前が作成されます。

  • ファイルの場合は、ファイル名の拡張子が 3 文字に切り捨てられます。

たとえば、 NFS クライアントが「 specifications.html 」という名前のファイルを作成すると、 ONTAP によって作成される 8.3 形式のファイル名は「 pecif~1.htm 」になります。この名前がすでに存在する場合、 ONTAP はファイル名の最後に別の番号を使用します。たとえば、 NFS クライアントが「 pecifications_new.html 」という名前の別のファイルを作成すると、「 pecisations_new.html 」の 8.3 形式は「 pecif~2.htm 」になります。