日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネームサービスの接続を確認

寄稿者 netapp-thomi

ONTAP 9.2 以降では、 DNS ネームサーバと LDAP ネームサーバが ONTAP に接続されているかどうかを確認できます。これらのコマンドは admin 権限レベルで使用できます。

DNS または LDAP ネームサービスの設定が有効かどうかは、必要に応じてネームサービス設定チェックを使用して確認できます。この検証チェックは、コマンドラインまたは System Manager で実行できます。

DNS 設定の場合、すべてのサーバがテストされ、設定が有効とみなされるためにはすべてのサーバが動作している必要があります。LDAP 設定の場合は、いずれかのサーバが稼働していれば設定は有効です。ネームサービスコマンドは 'ip-config -validation' フィールドが true でない限り ' 構成チェックを適用します ( デフォルトは false)

ステップ
  1. 適切なコマンドを使用して、ネームサービスの設定を確認します。設定されているサーバのステータスが UI に表示されます。

    確認する項目

    使用するコマンド

    DNS の設定ステータス

    「 vserver services name-service dns check 」のようになります

    LDAP の設定ステータス

    「 vserver services name-service ldap check 」のようになります

    cluster1::> vserver services name-service dns check -vserver vs0
    
    Vserver         Name Server     Status  Status Details
    --------------  --------------- ------- -------------------------
     vs0            10.11.12.13     up      Response time (msec): 55
     vs0            10.11.12.14     up      Response time (msec): 70
     vs0            10.11.12.15     down    Connection refused.
    +---------------------------------------------------------------+
    cluster1::> vserver services name-service ldap check -vserver vs0
    
    | Vserver: vs0                                                |
    | Client Configuration Name: c1                               |
    | LDAP Status: up                                             |
    | LDAP Status Details: Successfully connected to LDAP server "10.11.12.13".                                              |

    設定されているサーバ( name-servers/ldap-servers )の少なくとも 1 つが到達可能でサービスを提供していれば、設定の検証は成功です。到達不能なサーバがある場合は、警告が表示されます。