日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

7-Mode と ONTAP のエクスポートの比較

寄稿者

ONTAP でのエクスポートは、定義方法と使用方法が 7-Mode 環境とは異なります。

相違点 7-Mode ONTAP

エクスポートの定義方法

エクスポートは '/etc/exports ファイルで定義されます

エクスポートは、 SVM 内でエクスポートポリシーを作成することによって定義されます。SVM には複数のエクスポートポリシーを含めることができます。

エクスポートの範囲

  • エクスポートは指定したファイルパスまたは qtree に適用されます。

  • ファイル・パスまたは qtree ごとに '/etc/exports に個別のエントリを作成する必要があります

  • エクスポートは '/etc/exports ファイルで定義されている場合にのみ ' 永続的になります

  • エクスポートポリシーは、ボリューム内のすべてのファイルパスおよび qtree を含むボリューム全体に適用されます。

  • エクスポートポリシーは、必要に応じて複数のボリュームに適用できます。

  • システムの再起動後も、すべてのエクスポートポリシーが永続します。

フェンシング(特定のクライアントに対して同じリソースへの別のアクセスを指定すること)

特定のクライアントに ' 単一のエクスポートされたリソースへの別のアクセスを提供するには ' 各クライアントとその許可されたアクセスを /etc/exports ファイルに一覧表示する必要があります

エクスポートポリシーは、多数のエクスポートルールで構成されています。エクスポートルールごとに、リソースに対する特定のアクセス権限が定義され、該当する権限を持つクライアントが一覧表示されます。特定のクライアントに対して異なるアクセスを指定するには、特定のアクセス権限セットごとにエクスポートルールを作成し、それらの権限を持つクライアントをリストして、エクスポートポリシーにルールを追加する必要があります。

名前のエイリアス設定

エクスポートを定義するときに、エクスポートの名前として、ファイルパスとは異なる名前を選択できます。これらのエクスポートを /etc/exports ファイルに定義する場合は '-actual パラメータを使用する必要があります

エクスポートされたボリュームの名前として、実際のボリューム名とは異なる名前を選択できます。そのためには、カスタムジャンクションパス名を持つボリュームを SVM ネームスペース内でマウントする必要があります。

注記

デフォルトでは、ボリュームは、それぞれのボリューム名でマウントされます。ボリュームのジャンクションパス名をカスタマイズするには、マウント解除し、名前を変更してから、再マウントする必要があります。