日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SHA-2 ハッシュ関数を使用しているユーザアカウントを特定します

寄稿者

ONTAP 9.1 または ONTAP 9.0 から ONTAP 8.3.x にリバートする場合、 SHA-2 アカウントユーザは元のパスワードで認証できなくなります。リバートを行う前に、 SHA-2 ハッシュ関数を使用しているユーザアカウントを特定して、リバート後に、リバート後のリリースでサポートされている暗号化タイプ( MD5 )を使用するようにパスワードをリセットする必要があります。

  1. 権限の設定を advanced に変更します。「 set -privilege advanced 」

  2. SHA-2 を使用しているユーザアカウントを特定します。「 security login show -vserver * -username * -application * -authentication-method password-hash-function!md5`

  3. コマンドの出力はリバート後も使用できるように保持しておきます。

注記 リバート中に、高度なコマンド「 securitylogin password-prepare-to-downgrade 」を実行して、 MD5 ハッシュ関数を使用するために独自のパスワードをリセットするように求められます。パスワードが MD5 で暗号化されていない場合は、新しいパスワードを入力するように求められ、 MD5 で暗号化されます。これにより、リバート後にクレデンシャルが認証されるようになります。