日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

スプリット FlexClone ボリュームで物理ブロックを逆共有します

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

FlexClone ボリュームを親ボリュームからスプリットした場合は、 ONTAP 9.4 以降からそれより前のバージョンの ONTAP にリバートする前に、クローンと親ボリュームの間の物理ブロックの共有を取り消す必要があります。

このタスクは、 AFF システムでいずれかの FlexClone ボリュームがスプリットされている場合にのみ実行します。

  1. advanced 権限レベル「 set -privilege advanced 」にログインします

  2. 物理ブロックを共有しているスプリット FlexClone ボリュームを特定します。 volume clone sharing by-split show

    cluster1::> volume clone sharing-by-split show
    Node            Vserver   Volume        Aggregate
    --------------- --------- ------------- -------------
    node1           vs1       vol_clone1    aggr1
    node2           vs2       vol_clone2    aggr2
    2 entries were displayed.
  3. クラスタ内のすべてのスプリット FlexClone ボリュームで物理ブロック共有を取り消します。「 volume clone sharing by split undo start -all 」のようになります

  4. 物理ブロックを共有しているスプリット FlexClone ボリュームがないことを確認します。「 volume clone sharing by-split show 」のようになります

    cluster1::> volume clone sharing-by-split show
    This table is currently empty.