日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラウドターゲットの関係の要件

ソースとターゲットの環境が、クラウドターゲットに対する S3 SnapMirror バックアップ保護の要件を満たしていることを確認します。

データバケットにアクセスするには、オブジェクトストアプロバイダとの有効なアカウントクレデンシャルが必要です。

クラスタをクラウドオブジェクトストアに接続するためには、クラスタ間ネットワークインターフェイスと IPspace がクラスタに設定されている必要があります。ローカルストレージからクラウドオブジェクトストアにデータをシームレスに転送するには、各ノードにクラスタネットワークインターフェイスを作成してください。

StorageGRID ターゲットの場合は、次の情報を確認しておく必要があります。

  • サーバ名。完全修飾ドメイン名( FQDN )または IP アドレスで表されます

  • バケット名。バケットはすでに存在している必要があります

  • アクセスキー

  • シークレットキー

さらに、 StorageGRID サーバ証明書への署名に使用する CA 証明書は、「 securitycertificate install コマンド」を使用して、 ONTAP S3 クラスタの管理 Storage VM にインストールする必要があります。詳細については、を参照してください "CA 証明書をインストールしています" StorageGRID を使用する場合。

AWS S3 ターゲットの場合は、次の情報を確認しておく必要があります。

  • サーバ名。完全修飾ドメイン名( FQDN )または IP アドレスで表されます

  • バケット名。バケットはすでに存在している必要があります

  • アクセスキー

  • シークレットキー

ONTAP クラスタの管理 Storage VM 用の DNS サーバは、 FQDN (使用する場合)を IP アドレスに解決できる必要があります。