日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラウドターゲットからバケットをリストアする

寄稿者

ソースバケット内のデータが失われた場合や破損した場合は、デスティネーションバケットからリストアしてデータを再取り込みします。

デスティネーションバケットは既存のバケットまたは新しいバケットにリストアできます。リストア処理のターゲットバケットは、デスティネーションバケットの使用済み論理スペースよりも大きくする必要があります。

既存のバケットを使用する場合は、リストア処理の開始時に空にする必要があります。Restore は、あるバケットを「ロールバック」するのではなく、空のバケットに以前の内容を取り込みます。

System Manager の手順の略

バックアップデータをリストアします。

  1. 保護 > 関係 * をクリックし、 * S3 SnapMirror * を選択します。

  2. をクリックします "[ 詳細 アイコン"] 次に、 [* Restore] を選択します。

  3. 「 * ソース * 」で、「 * 既存バケット」(デフォルト)または「 * 新規バケット」を選択します。

    • 既存の Bucket * (デフォルト)にリストアするには、次の操作を実行します。

      • 既存のバケットを検索するクラスタと Storage VM を選択します。

      • 既存のバケットを選択します。

      • destination_S3 サーバ CA 証明書の内容をコピーして貼り付けます。

    • 新しいバケットへのリストアを実行するには、次の値を入力します。

      • 新しいバケットをホストするクラスタと Storage VM 。

      • 新しいバケットの名前、容量、およびパフォーマンスサービスレベル。を参照してください "ストレージサービスレベル" を参照してください。

      • デスティネーション S3 サーバ CA 証明書の内容。

  4. 「 * Destination * 」の下にある _source_S3 サーバ CA 証明書の内容をコピーして貼り付けます。

  5. [ 保護 ] 、 [ 関係 ] の順にクリックして、復元の進行状況を監視します。

CLI 手順の略

  1. 新しいバケットにリストアする場合は、新しいバケットを作成します。詳細については、を参照してください "バケットのバックアップ関係の作成(クラウドターゲット)"

  2. デスティネーションバケットのリストア処理を開始します。「 snapmirror restore -source-path object_store_name::/objstore-destination-path _svm_name _ : /buckets/_bucket_name _

    次の例は、デスティネーションバケットを既存のバケットにリストアします。clusterA::> snapmirror restore-source-path sgws .store:/objstore-destination-path vs0:/sucket/test-bucket`