日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

デスティネーションバケットからデータをテイクオーバーして提供(リモートクラスタ)

ソースバケットのデータを使用できなくなった場合は、 SnapMirror 関係を解除してデスティネーションバケットを書き込み可能にし、データの提供を開始できます。

テイクオーバー処理が実行されると、ソースバケットが読み取り専用に変換され、元のデスティネーションバケットが読み取り / 書き込みに変換されて S3 SnapMirror 関係が反転されます。

無効にしたソースバケットを再び使用できるようになると、 S3 SnapMirror は 2 つのバケットの内容を自動的に再同期します。Volume SnapMirror の導入に必要な場合と同様に、関係を明示的に再同期する必要はありません。

リモートクラスタからテイクオーバー処理を開始する必要があります。

System Manager の手順の略

使用できないバケットからフェイルオーバーし、データの提供を開始します。

  1. 保護 > 関係 * をクリックし、 * S3 SnapMirror * を選択します。

  2. をクリックします "[ 詳細 アイコン"]をクリックし、 * フェイルオーバー * を選択して、 * フェイルオーバー * をクリックします。

CLI 手順の略

  1. デスティネーションバケットに対してフェイルオーバー処理を開始します。「 snapmirror failover start -destination-path destination-path _svm_name _ : /buckets/_bucket_name _

  2. フェイルオーバー処理のステータスを確認します。「 snapmirror show -fields status 」

    dest_cluster::> snapmirror failover start -destination-path dest_svm1:/bucket/test-bucket-mirror