日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アクティブボリュームから LUN のクローンを作成します

寄稿者

アクティブボリュームの LUN をクローニングして、 LUN のコピーを作成できます。こうして作成された FlexClone LUN は、アクティブボリューム内の元の LUN の読み書き可能なコピーです。

FlexClone ライセンスがインストールされている必要があります。

スペースリザーブされた FlexClone LUN には、親のスペースリザーブ LUN と同量のスペースが必要です。FlexClone LUN のスペースをリザーブしない場合は、 FlexClone LUN に対する変更を保存するために十分なスペースがボリュームにあることを確認する必要があります。

手順
  1. クローンを作成する前に、 LUN が igroup にマッピングされていないこと、またはに書き込まれていないことを確認する必要があります。

  2. lun show コマンドを使用して、 LUN が存在することを確認します。

    「 lun show -vserver vs1 」のように表示されます

    Vserver  Path              State     Mapped    Type     Size
    -------- ----------------- --------- --------- -------- -------
    vs1      /vol/vol1/lun1    online   unmapped  windows  47.07MB
  3. volume file clone create コマンドを使用して、 FlexClone LUN を作成します。

    volume file clone create -vserver vs1 -volume vol1 -source-path lun1 -destination-path lun1_clone

    FlexClone LUN を自動削除できるようにする必要がある場合は '-autodelete true を含めますセミシックプロビジョニングを使用してこの FlexClone LUN をボリューム内に作成する場合は、すべての FlexClone LUN で自動削除を有効にする必要があります。

  4. LUN が作成されたことを確認するには 'lun show コマンドを使用します

    「 lun show -vserver vs1 」のように表示されます

    Vserver  Path                    State    Mapped   Type     Size
    -------- ----------------------- -------- -------- -------- ------
    vs1      /vol/volX/lun1          online   unmapped windows  47.07MB
    vs1      /vol/volX/lun1_clone    online   unmapped windows  47.07MB